体形を上手にカバー♪ 50代娘が考えた「ロングカーディガン」でスタイルを良く見せるちょっとしたコツ

いくつになっても若々しい、児童文学作家の角野栄子さん。毎日の洋服を考えるているのは、娘のくぼしまりおさんです。今回は、くぼしまりおさんに「スタイル良く見せるちょっとしたコツ」について伺いました。

2110_P062_01.jpg

"縦長効果"を利用しましょう!

いくつになってもスタイル良く見せたいと願うのが女心というものです。

「年齢とともに体形は変わります。肩や腰の位置がずれたり、贅肉がついたり、背中が少し曲がってきたり。そうした体形を上手にカバーしながら、スタイル良く見せるには縦長効果を利用することがポイントに」とくぼしまさん。

このとき便利なのがロングカーディガンです。

「例えばワンピースの上に重ねることで(上写真)、ワンピースに縦長のラインができるでしょう。細身に見えるだけでなく、背筋がシュッと伸びて見える。元気な印象をもたらしてくれるんです」

2110_P063_04.jpg

ロングカーディガンは選び方が重要です

このとき大事なのはロングカーディガンの"かたち"。

「ウエストに切り替えがあったり、体に張り付くようなものは、かえって体のラインを強調して、太く見せてしまうので避けたいところ。カーディガンは重ね着することが前提なので、ひと回り大きいサイズを選んでおくと着心地が良く、着回しもできます」

2110_P063_01.jpg

【ワンサイズ大きいものを】
上に羽織ることが前提だからこそ、ひと回り大きなサイズを選んでおくと着回しも簡単。

裾はストンと裁ち落とし
裾がすぼんでいると、中に着ているものがもたついて着心地が悪く、足さばきも悪くなって転ぶ危険性も高くなる。

腰まわりにシェイプなし
ウエスト部分に切り替えがあると縦長効果を邪魔する上に、着心地も悪くなります。

《色違いで同じ鞄を持つ理由》

2110_P063_05.jpg

「ポケットの位置やサイズ感など、慣れ親しんだもののほうが使い勝手がいいから」と、角野さんは同型の鞄を色違いで持っています。

今日はどの鞄にしようと悩むより、その日の洋服に合う色を選ぶだけという手軽さも魅力です。

《ロングネックレスは細見えの味方!》

ロングネックレスの長さを利用すれば、背筋がシュッときれいに伸びた印象になり、スタイルが良く見えます。

2110_P063_02.jpg

角野さん愛用のロングネックレスの数々。

気に入ったものは色違いで揃えておくのがコツ。

「1本でもすてきだけれど、用途によって2〜3本重ねづけしてもいい」とくぼしまさん。

2110_P063_03_W500.jpg

角野栄子Instagramより

ロングネックレスをつけた角野さん。

ワンピースの色柄と、ネックレスの色合いを揃えるとおしゃれに見えます。

イラスト/くぼしまりお 文/葛山あかね 編集協力/酒井ゆう、平林亜紀(micro fish) 撮影/馬場わかな 協力/(有)角野栄子オフィス

 

角野栄子(かどの・えいこ)さん
児童文学作家。1935年、東京・深川生まれ。70年デビュー。『魔女の宅急便』『小さなおばけシリーズ』など著書多数。2018年に日本人3人目となる国際アンデルセン賞作家賞を受賞。86歳現在、「大好きないちご色」の壁の家で暮らす。
 
くぼしまりおさん
作家・アーティスト。1966年生まれ。文化学院美術科卒業。幼少より絵や漫画を描くことに熱中し、2001年『ブンダバー』でデビュー。翻訳家・イラストレーターとしても活躍する傍ら、角野さんの毎日の洋服を考える"母専属"のスタイリスト。

【毎日が発見ショッピング】毎日元気に!健康フェア♪

 

nasu.jpg

◆毎発ネット読者限定クーポン◆

「毎日が発見ショッピング」で使える期間限定クーポンが毎発ネット読者限定で到着! 6桁クーポン番号を注文時に入力すると1000円引きに! 

★クーポン番号:849919 ★有効期限:2021年11月10日(水)まで

※毎日が発見ショッピング「お買いもの会員」に登録後、3000円以上のお買いものに対して利用可能

▶詳細はコチラ!

 

shoei.jpg

『50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット』

(くぼしまりお/KADOKAWA)

1,650円(税込)

着やすいワンピースの条件や、おうち時間の服装など、母世代をおしゃれに、元気にするコツが満載。

この記事は『毎日が発見』2021年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP