「お願い、もっとゴシゴシやって」初めて姑妹の清拭をした時のこと/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

前回、介護保険認定調査でおばさん(当時81歳)が毎日お風呂を利用していなかったことが発覚しました。

前回のエピソード:下着すら何日も替えてない...?知らなかった姑妹の不自由な生活

2世帯住宅とはいえ同居していながらそのことに気づけなかったのは、以前お義母さん(86歳)がお風呂に入らなくなったことに起因します。

14-1.jpg
14-2.jpg
14-3.jpg
14-4.jpg
14-5.jpg

そんなやりとりもあり、シャワー付き洗面台で1週間に1度、私がお義母さんの髪を洗っていました。

14-6.jpg

しかし、身体の方も見て見ぬ振りもできず、温タオルを持って、夜はお義母さんの清拭をしました。

14-7.jpg
14-8.jpg
14-9.jpg


そんな、おそらく遠慮からくるおばさんの言葉を信じ切っていたので、お風呂に入っていないことに気づくことができなかったのです。

訪問調査で着替えすらしていないことが判明したその日、お義母さんとおばさんの2人分の清拭の用意をしました。

14-10.jpg


ひざの悪いおばさんは、浴槽に浸かると足に力が入らないため、身体が浮いてしまい、1人で入るのはとても危険です。

何度か頼まれて入浴を手伝いましたが、だんだん2人はお風呂を利用しなくなっていきました。

 

身体の清拭は、そんなに難しいことではありませんでしたが、やはり毎日2人は大変です。

そのため我が家の在宅介護の第一歩は、介護保険を利用しての入浴介助でした。

しかし、認知症のお義母さんと認知症はないけれど足が不自由なおばさんでは、 その利用までの道のりにも違いがあったのです。

次の記事はこちら:洗うそばから忘れちゃう!?エンドレス入浴介助

この記事もおすすめ:介護保険サービス、実際何にいくらかかるの?

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP