パンや果物、いも類をよく食べる人は要注意! 「骨粗鬆症」につながる「骨の糖化」とは?

骨を弱くする原因として、近年注目されている糖化。糖質の摂り過ぎが主な原因なので、パンや果物、いも類をよく食べる人は要注意です。しかも、一度糖化してしまうと改善が難しく、骨を作り替える代謝も遅くなるといいます。 そこで今回は、大友外科整形外科 院長の大友通明(おおとも・みちあき)先生に、「骨の糖化」についてお聞きしました。

糖質の摂り過ぎが引き起こす骨の「糖化」

骨を弱くする原因として、近年注目されているのが「糖化」です。

「糖化とは、体の中の余分な糖分がたんぱく質と結びついてAGEs(糖化最終産物)という老化物質を作り出す反応です。このAGEsは血管や皮膚を老化させる要因の一つですが、骨にも影響を与えます」と、大友通明先生。

たんぱく質を主成分とする骨のコラーゲンを劣化させ、白い骨を褐色に変色させてしまうのです。

糖化を招く主な原因は、糖質の摂り過ぎです。

高血糖の人も糖化が進みやすいので要注意。

「一度糖化してしまうと改善は難しく、骨を作り替える代謝も遅くなると考えられています。普段から糖質を摂り過ぎない食べ方を心がけましょう」(大友先生)


骨粗鬆症につながる骨の糖化とは?

2109_P078_01.jpg

《こんな人は要注意!》

● 食事はご飯、パン、麺などの糖質が中心(特にパンが多い)
● 果物をよく食べる(特にバナナ、りんごなど)
● 野菜はトマトやかぼちゃ、いも類が好き


鉄筋に当たるコラーゲンが骨の強さに大きく影響

糖化が起こるコラーゲンは、骨の体積の半分を占める主成分です。

骨の仕組みは鉄筋コンクリートに似ています。

鉄筋に当たるのがコラーゲン、その周囲を覆うコンクリートがカルシウムです。

実際の建物と同じく、鉄筋が弱いと構造全体ももろく、壊れやすくなってしまいます。

「糖質をコントロールし、骨に必要な栄養素を摂って、コラーゲンの糖化を防ぐことは、健康な骨を保ち、骨粗鬆症にならないための大きなポイントです」(大友先生)

骨の基本

2109_P079_01.jpg


 骨質:建物で例えると「鉄筋」の強度
 骨密度:建物で例えると「コンクリート」の密度

【もろい骨】

2109_P079_02.jpg

カルシウムが十分でなく、コンクリート部分がスカスカの状態。

鉄筋に相当するコラーゲンの状態も悪いため、全体的にもろく、折れやすくなっています。

【強い骨】

2109_P079_03.jpg

コラーゲンが建物の「鉄筋」のように、カルシウムから成る周囲の「コンクリート」部分を支えています。

コンクリート部分のカルシウムも十分で、骨密度が高い状態です。

2109-079.jpg

【まとめ読み】特集「『骨の糖化』の防ぎ方」記事リスト

取材・文/岡田知子(BLOOM) イラスト/坂木浩子

 

<教えてくれた人>
大友外科整形外科 院長
大友通明(おおとも・みちあき)先生
整形外科専門医、脊椎脊髄病医。東京医科大学医学部卒業。各地で臨床経験を積み、2005年開院。整形外科に栄養療法を取り入れた「栄養整形医学」を実践する。著書に『寝たきりを防ぐ「栄養整形医学」 骨と筋肉が若返る食べ方』(青春出版社)。

【毎日が発見ショッピング】毎日のメニューに鉄の野菜を入れるだけ。手軽に鉄分補給

 

nasu.jpg

なすびときゅうりの形がオブジェのように可愛い南部鉄の野菜です。自然に鉄分が溶け出し、体内に吸収されやすい二価鉄を自然に補給でき、永久的に使えます。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP