一切料理をしなかったお義母さんが...!ある日起きた突然の変化/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

前回のエピソード:隠し場所が複雑すぎ!お義母さんの貴重品管理を任された時のこと

「高齢者が長年していたことをしなくなくなったら認知症の始まりかも」と聞いたことがありますが、 今回のお話は、認知症の疑いのあるお義母さんが今まで全くやらなかったことをやり始めて、家族が困惑したお話です。

 

まず話は25年前まで遡ります。
2人の姑と同居が始まった当初は、完全同居で台所も1つでした。

そこで新米嫁だった私が、初めて夕飯に天ぷらを作ったのですが、その時のお義母さんの第一声は...

9-1.jpg
9-2.jpg

結局その日、お義母さんは夕飯に箸をつけず、ずっとガスコンロや換気扇、周辺の床や壁を掃除していました。

9-3.jpg
9-4.jpg
9-5.jpg

2歳の息子を連れて離婚し、実家に戻ったお義母さんは 家事を母親と妹と3人で分担していたそうです。

その頃から料理はノータッチで、ダンナも家では祖母の料理しか記憶がないと言っていました。

お義母さんいわく「お料理はできるけど、やらない」そうです。

 

そんなお義母さんが...

9-6.jpg
9-7.jpg

その後ろ姿には違和感しかなかったのですが、頑固者のお義母さんも年とともに少し丸くなったのかな、ぐらいに思いました。

後ろからそっと近づき、鍋をのぞいてみたら、輪切りにした大根をグラグラと茹でていました。
 
9-8.jpg9-9.jpg

そのままお義母さんは、妹と嫁に見守られながら大根を茹で続け、その後「濃縮つゆの素」で味付けし完成しました。

9-10.jpg

味見をした2人から褒めてもらい、お義母さんもうれしそうでした。

姉の手料理を、おばさんもうれしそうに食べていました。

 

ここまではとてもよかったのですが、その後、お義母さんの不穏な行動が始まりました

(つづく)

この記事もおすすめ:認知症の発症リスクを高めるのは高血圧など生活習慣病

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP