足腰の痛みや尿漏れ...それって「脊柱管狭窄症」かも!? 症状を和らげる方法は?

70歳以上の2人に1人はかかると言われる脊柱管狭窄症。背骨の変形などから脊柱管が狭くなって神経が圧迫され、血流が滞って神経の働きが低下することで、腰や足などに不調が生じてしまいます。今回は、早稲田大学スポーツ科学学術院教授、整形外科専門医の金岡恒治(かねおか・こうじ)先生に「脊柱管狭窄症の症状を和らげる方法」についてお聞きしました。

下半身に不調が起こる脊柱管狭窄症

「70歳以上の2人に1人はかかる」と言われているのが脊柱管狭窄症。

脊柱管は、背骨、黄色靱帯、椎間板などに囲まれた筒状の空洞になっていて、中を神経が通っています。

「加齢による背骨の変形などから脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで血流が滞ります。そのために神経の働きが低下して、腰や足などに不調が生じるのが脊柱管狭窄症です」と金岡先生は話します。

症状は人によってさまざまです。

急に症状が現れることはまれで、徐々に進行していきます。

足や腰に症状があっても、椎間板ヘルニアや糖尿病神経障害との区別が難しく、専門医でも脊柱管狭窄症かどうか、診断に迷うことがあるといいます。

「気になる症状が現れたときは、受診をして治療を開始します。一緒に運動療法を行えば、軽減するケースが少なくありません。次から始まる脊柱管1分体操を取り入れて、症状を和らげましょう」

腰と足の気になる症状は?

足が痛い

2109_P040-41_01.jpg

脊柱管が狭まると、その中を通っている神経が圧迫されて、太ももやお尻、ふくらはぎなどに痛みが現れます。

腰が痛い2109_P040-41_02.jpg

背骨の腰の部分を支える筋肉が弱くなると骨が変形し、立ち上がるときなどに神経が圧迫されて腰が痛みます。

足にしびれを感じる

2109_P040-41_03.jpg

神経の通り道である脊柱管が狭くなることが原因。両側のお尻から足にかけて、広い範囲にしびれが出ます。

長い時間歩けない

2109_P040-41_04.jpg

骨盤が前傾して脊柱管が狭くなり、短い距離を歩いただけで、しびれや痛みが出ます。少し休めばまた歩けます。

尿漏れ・便秘

2109_P040-41_05.jpg

神経の圧迫がさらに進行すると、しびれや足腰の痛みなどの症状が悪化。排尿、排便の障害が起こります。

でも!
運動することで改善します

2109_P040-41_06.jpg

症状の改善には、強い痛みがある場合を除き、体を積極的に動かすことが大事。

これから紹介する「腰をゆるめる」「筋肉を強める」「骨盤を動かす」の3つの運動を取り入れます。

【次回】腰をゆるめて「脊柱管狭窄症」を改善へ! 1セット1分、1日3セット「脊柱管1分体操」

【まとめ読み】特集「脊柱管狭窄症を改善する『1分体操』」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり イラスト/秋葉あきこ

 

<教えてくれた人>
早稲田大学スポーツ科学学術院教授、整形外科専門医
金岡恒治(かねおか・こうじ)先生
1988年筑波大学卒業。同大学臨床医学系整形外科講師を経て2007年より現職。日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医、日本水泳連盟理事・医事委員長、元オリンピック日本代表帯同ドクター。体幹深部筋研究に基づいた運動療法による腰痛治療の第一人者。

この記事は『毎日が発見』2021年9月号に掲載の情報です。
PAGE TOP