「考える人」の姿勢は排便に良い!? 命を落とす危険性もある「便秘」の原因と改善方法

たかが便秘とあなどってはいませんか? 背景に病気が隠れている場合や、過度のいきみが原因で死に至るケースもあるんです。今回は、横浜市立大学大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室 主任教授の中島 淳(なかじま・あつし)先生に「便秘の原因と改善方法」ついてお聞きしました。
pixta_44187586_S.jpg

便秘は排便回数が週3回未満または排便時に困難を伴う状態(※1)のことです。

毎日出ていても、排便困難であれば、便秘が疑われます。

男女とも高齢になるほど患者数が増えます。

上に示した原因以外にも、摂取する水分量や食事量の減少、がんの痛み止めや精神疾患の薬の服用などがあります。

背景に病気が隠れていることもあります。

要注意なのは大腸がんです。

また、パーキンソン病、レビー小体型認知症は発症の5~10年前から便秘が始まることが分かっています。

橋本病や糖尿病も疑われる病気の一つです。

従来、便秘は命に関わる病気ではないとされてきましたが、過度のいきみで血圧が急上昇し、心筋梗塞や脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)によって命を落とす人もいます。

高齢になるとただでさえ動脈硬化が進んでいるので、普段、血圧のコントロールが良好でも油断できません。

慢性腎臓病の発症や、食欲低下・低栄養からサルコペニア・フレイル(※2)につながることもあり、いまや積極的に治療すべき病気になっています。

※1 過度のいきみや残便感など硬い便が出るときの症状のこと。

※2 サルコペニアは筋肉量の減少や筋力の低下による身体機能の低下、フレイルは心身の活力(筋力や認知機能等)が低下した状態。


[高齢者の便秘の主な原因]

・大腸の働きが弱って、便を運ぶ力が低下
・腹筋の力が衰えて、排出する力が低下
・感覚の低下によって、便意を感じない

[主な治療法]

・食生活の改善
・日常的な運動
・排便環境を整える
・薬物治療

排便の仕組み

2107_P090_01.jpg


【次ページ:「考える人」の姿勢は排便に良い!?】

 

<教えてくれた人>
横浜市立大学大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室 主任教授  
中島 淳(なかじま・あつし)先生
1989年大阪大学医学部卒業。医学博士。ハーバード大学客員准教授などを経て、2014年より現職。医療従事者用「慢性便秘症診療ガイドライン」作成メンバー。著書多数。

この記事は『毎日が発見』2021年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP