発病者の9割が女性...!? イライラ、顔のむくみ...他の病気と間違えやすい「甲状腺の病気」

イライラしたり、疲れやすさ、顔や手のむくみ、体重の増減など気になる症状はありませんか? それらの症状は、甲状腺の病気の可能性があるそうです。そのほかにも要注意な症状をチェックしてみましょう。伊藤病院院長の伊藤公一(いとう・こういち)先生に、他の病気と間違えやすい「甲状腺の病気」について教えていただきました。

2103_P090_01.jpg

甲状腺の病気は40代以上の女性の約5%が患うともされ、とても身近な病気です。

代表的な病気は「バセドウ病」と「橋本病」で、症状は真逆ですが、どちらもホルモンを分泌する機能の異常により起こります。

甲状腺のホルモン分泌機能の異常は多くの場合、薬などでコントロールしやすく、約90%の人は入院することなく、通常の生活をしながら通院で治療することが可能です。

甲状腺は、食べ物の中に含まれる「ヨウ素(ミネラル)」を材料にして甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌しています。

甲状腺ホルモンが正常に分泌されることで、健やかに過ごすことができているのです。

甲状腺ホルモンの働き2103_P090_02.jpg

バセドウ病は、20~30代の若い世代に多く発生します。

動悸や息切れ、発汗などの症状から、更年期障害や糖尿病、心臓病などと間違われることがあります。

橋本病は、40~60代で多く見られます。

女性に多く、男女比は1対20~30くらいです。

心身ともに元気が出ないのが特徴で、だるさや物忘れといった症状から、うつ病や認知症などと間違われることもあります。

[主な種類]
・バセドウ病
・橋本病

[主な特徴]
・女性に多い病気
・典型的な症状がない
・現れ方が人それぞれ


【次ページ:当てはまる症状はありますか? こんな症状は要注意!】

 

<教えてくれた人>
伊藤病院院長
伊藤公一(いとう・こういち)先生
北里大学医学部卒業。東京女子医科大学大学院修了後、シカゴ大学留学。医学博士。2004年に名古屋甲状腺診療所、17年にさっぽろ甲状腺診療所を開設。

この記事は『毎日が発見』2021年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP