コロナの影響で広がる「がん検診」控え...。医師が伝えたい「がんの早期発見の重要性」

世界中に蔓延するコロナウイルスにより、今までの生活が一変した2020年。実は、コロナ感染リスクを考えて、「健康診断」や「がん検診」をも自粛する人が増えているんだそうです。公益財団法人がん研究会 有明病院の病院長である佐野武先生はコロナ以外の健康リスクにも目を向け、がんの早期発見・早期治療の可能性を閉ざさないでほしい」と言います。

コロナ.jpg

「コロナ感染リスクを避けたい」が故に...

全国の20~79歳の男女15,000人を対象に、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーが実施した「健康診断・人間ドック、がん検診に関する意識調査」を見ると、「新型コロナウイルスへの感染リスク」から、「自分の健康チェック」を回避する傾向が表れています。

調査によると、今年度の「健康診断」の受診を控えたいと答えた人は全体の53.6%、「がん検診」の受診を控えたいと答えた人は56.9%でした。

さらに、来年度であっても、受診を控えたいと考えている人が「健康診断」30.7%、「がん検診」33.9%にものぼり、今年度・来年度いずれかで健康診断を「控えたい」と思った人の実に63.2%が、「控えたい理由」として「新型コロナウイルスの感染リスクがあるから」を選択しています。

「健康診断」の受診意向・「がん検診」の受診意向.png

実際の受診率は?

今年度の実際の受診状況は、2020年10月時点で「健康診断」を受診済みの人が約4割(38.6%)、今年度中に受診予定の人を含めると約6割(57.7%)でした。

一方の「がん検診」については、いずれのがん種の検診をみても、受診済みは2割程度。今年度受診予定を含めても3割程度にとどまっています。

さらに、「受診予定はない」「わからない」の回答者割合も、「健康診断」の約3割に対し「がん検診」は6割前後となっています。

健康診断・がん検診の受診状況と今後の意向.png

「健康診断」も「がん検診」も、「国民健康保険加入者」が低調...?

受診状況は、加入している健康保険種別にも差がみられました。

後期高齢者医療制度の加入者を除くと、会社員や公務員とその家族は、「組合けんぽ」「協会けんぽ」「共済組合」に加入するケースが多く、自営業や会社を退職された方とその家族の多くが「国民健康保険」に加入しています。

加入保険種別にみる今年度の受診割合(2021年3月までの予定を含む).png※2020 年度の受診者(2021年3月までの受診予定者を含む)の割合を保険種別でみたもの

「健康診断」は、「国民健康保険」加入者が受診している割合が低く、2人に1人(50.4%)しか受診していません。

「がん検診」の受診状況でも同じような傾向がみられ、いずれのがん種の検診も約2~3割にとどまっています。

一方、企業が単独、あるいは共同設立し保険者となる「組合けんぽ」加入者は、全体平均に対して高い受診率となっています。

「がん」を早期発見するために

家族構成や年齢、持病などさまざまなリスクから、健診施設やクリニックでの「検診」を控えたいと考えている人が多いと思います。しかし、公益財団法人がん研究会 有明病院の病院長である佐野武先生は本来、がんは早期発見が重要で、がん検診は毎年受けたほうがよい」と言います。

「がん検診の意義は『症状のない人たちに早期のがんを見つけて治すこと』です。発見の確率はそれほど高くはありませんが、それでも毎年確実に多数の早期がんが見つかり、比較的軽い治療(例えば内視鏡的切除など)で治癒しています。非常にゆっくり成長するがんもありますが、多くは着実に進行しますので、がん検診が半年、あるいは1年遅れることで、より進んだ状態で見つかることになり、より大きな手術や強い抗がん剤が必要になります」

佐野先生は、そう警鐘を鳴らします。

「がんが進行して症状が出ていても、コロナ感染を恐れて自宅で我慢し続け、非常に具合が悪くなって初めて病院を受診する人がいます。治癒は望めなくとも延命をめざす治療があるのですが、全身の状態が悪化しているとそれさえ行えません。このように、コロナのためにすべてが後回しとなり、がんが進むことを、私たちは恐れています」

ウィズコロナでの「健康チェック」の重要性

テレワークや時間差出勤など、私たちの生活環境はウィズコロナとともに変化してきました。

コロナ感染を恐れて、大きな病気の発見が遅れては元も子もありません。

コロナ対策を万全にした上で、来年も家族が健康で過ごせるよう、「健康診断」「がん検診」の受診を検討してみてはいかがでしょうか。

文/斎藤諒子

 

公益財団法人がん研究会 有明病院 病院長

佐野 武先生

1955年大分県生まれ。80年東京大学医学部卒業。AMED プログラムオフィサー。国際胃癌学会事務局長。日本対がん協会常務理事。ドイツ消化器一般外科学会特別賞、英国上部消化管外科学会特別賞、日本消化器外科学会賞などを受賞。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP