喫煙率と収入格差は数字に表れる/稼げる男は食事が9割(3)

pixta_33298410_S.jpg

食事を変えると、集中力が上がりミスが減る。残業が無くなる。疲れにくくなり眠くならない。ストレスが無くなる。体が締まりカッコよくなる。そして仕事が楽しくなる!
体のマネジメントには、仕事と同じように「成功法則」があるのです。
書籍「稼げる男は食事が9割」で、正しい食事の知識を学んでいきましょう。

◇◇◇

前の記事「ごはんより肉を食べた方が稼げる男になる?」はこちら

 

喫煙率と収入格差は数字に表れる

私の知り合いは禁煙をしましたが、喫煙と所得にも相関関係があるのでしょうか。

「平成26年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、所得が200万円未満の世帯の男性の喫煙率は35 ・4%であるのに対して、600万円以上では29 ・2%でした。やはり、喫煙をしている人よりしていない人の方が所得が高いのです。

タバコは体に悪い、特に肺がんになるリスクを高めることはよく知られています。平成2年と平成5年にアンケートをとった40〜69歳の男女9万人を平成11年まで追跡した国立がん研究センターの調査によると、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、約4・5倍も肺がんになりやすいことがわかりました。

また、その調査結果から、肺がんになった男性のうち68%が喫煙に原因があったと結論づけています。

喫煙はニコチンに対する依存症状ですから、禁煙するぞという意志だけではなかなかやめることは難しいことがわかっています。つまり、必ずしも意志が弱いから禁煙できないわけではないのです。しかし、例に挙げた彼のように禁煙すると決めたら、禁煙外来を受診して薬の力を借りて禁煙することはできるはずです。

そのことからもわかるように、問題が起きたときに、それを解決するための方法を探り、実行できることが大切なのです。これはまさに様々なビジネスシーンに当てはまります。現在の自分のスキルやキャリアではとても乗り越えることができない問題であっても、解決の糸口を探す努力をすることが稼げる男につながっていくといっていいでしょう。

 

運動や体型も所得の差に関係してくる?

同調査によると、運動する習慣の有無はそれほど所得の差に関係ないようです。ただし、1日に歩く歩数は所得が200万円未満の世帯の男性が6263歩であるのに対して、600万円以上では7592歩と1300歩ほど多いという結果が出ています。1歩が70㎝とすると、約900m の差があります。

この差に関してはいろいろな解釈ができると思いますが、同じ外回りの営業マンであればそれだけ多くの取引先を回っている、つまり、熱心に営業をしているのかもしれません。

それでは、体型と所得には相関関係があるのでしょうか。
所得が200万円の世帯の男性の肥満率(BMI25以上)が38 ・8%であるのに対して、600万円以上では25 ・6%と13%も低くなっています。正しくは、年収が高いほど太っていない傾向だということがわかります。

乱暴な言い方をするとすれば、まさに「太っている奴は稼げる男になれない」という仮説が成り立つというわけです。

太る原因の一つに運動不足があるといわれますが、運動習慣については200万円未満と600万円以上で有意に差がないことから、食事の内容、特に糖質中心なのか、タンパク質・脂質中心なのかが、肥満の最も大きな要因になっているのではないかと考えられます。

それともう一つ、所得の差によって、大きく数値が違っている項目があります。それは健診の未受診率です。

所得が200万円未満の世帯の男性の未受診率が42 ・9%なのに対して、600万円以上では16 ・1%と大きな差があります。

この数値から、自分の健康をきちんと考えているか、考えていないかで所得に大きな差が出る、つまり、稼ぐための資本そのものの自分の体のことを普段から考えていて、さらに健康であることが稼げる男の絶対条件であることがわかります。

次の記事「運動だけで体形維持するには月間350km走る必要がある?」はこちら。

森 拓郎(もり・たくろう) 

1982年生まれ。株式会社rinato 代表取締役。
フィットネストレーナー、ピラティス指導者、整体師、美容矯正師。
中京大学体育学部卒業後、地元の自動車ディーラーで営業成績トップを獲得し、その後パーソナルトレーナーになるために上京。大手フィットネスクラブの個人売上トップを獲得し、自身のスタジオを2009年にオープン。
ファッションモデルや女優など、身体を資本とした女性などを中心に、ピラティス、整体、美容矯正など足先から顔までのボディメイクを指導。メディア出演、記事監修、指導者育成なども行う。

8a9f12de9e16218946a85314a8d77ade75b4dcc8.jpg

『稼げる男は食事が9割』

(森 拓郎/KADOKAWA)

ベストセラー『ダイエットは運動1割、食事9割』の著者が初めてビジネスマンのために書いた「稼げる男」になるための食習慣。「食事は自分への投資」という事実を理解する事からはじめる、誰でもできる食事法とは?

この記事は書籍『稼げる男は食事が9割』からの抜粋です
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP