ガン細胞を自殺させる!? 世界中の実験結果から見る「断食」の抗ガン効果

糖尿病や高血圧、心筋梗塞に脳梗塞...こういった怖い病気の原因が、実は「食べすぎ」にあることをご存知でしょうか。「"ちょい空腹"が体にさまざまなメリットをもたらす」と提唱する医学博士・石原結實さんは、これら「食べすぎ病」の蔓延に警鐘を鳴らしています。そこで、石原さんの著書『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』(ワニブックス)から、人生100年時代を健康に過ごすための「食べすぎない技術」を連載形式でお届けします。

pixta_13940679_S.jpg

空腹になるとガン細胞が自殺していく!?

1975(昭和50)年時点のガン死者数と医師数は、同数の約13万人でした。

そして、今や医師数は32万人と増加し、この40年間でガンに関する研究や治療法は格段に進歩した......とされているのに、2018(平成30)年のガン死者数は38万人と激増しています。

1960年代に、ドイツのガン学者イセルス博士は、動物実験の結果、「食べたいだけの量の食物を与えられて育ったネズミは、2日おきに断食させられたネズミよりも自然発生するガンが5・3倍も高い」と発表しています。

また、カリフォルニア大学、バークレー校のマーク・ヘラースタイン博士は、

「断食すると体内の細胞に抗ガン効果をもたらす」
「1日おきにネズミを断食させたところ、体細胞の分裂する速度が確実に減る」
「細胞分裂自体が遅くなれば、ガン発生の危険性を減らすことができる」

ことを実験で証明し、さらに「成長ホルモンやインスリン(たくさん食べるほど、すい臓のβ-細胞より分泌される)のような〝細胞の成長を促す〟ホルモンは、大食すると分泌が盛んになり、ガン細胞の増殖のプロセスに深くかかわる」と述べています。

これを踏まえると、日本人の死因のダントツ1位のガンは「食べすぎ病」と言っても過言ではありません。

日本でも大阪府立大学農学部の中野長久教授らが、150匹のマウスを50匹ずつ

(1)食事制限なし
(2)食事を80%程度に制限する
(3)食事を60%程度に制限する

の3つのグループに分けて飼育する実験をしました。

5週目にすべてのマウスの腹部にガン細胞を注入したところ、

(1)(2)のグループ......ガン細胞注入後2~3週間で腹部に平均約11gの腫瘍ができ、4週目にはほとんどのマウスが死亡。
(3)のグループ......ガン細胞注入後2~3週間で約7gの腫瘍ができたが、ほとんどのマウスが7週間目まで生存した。

という結果が得られました。

さらに、ニューヨークのマウントサイナイ医大のグロス教授は、

「ある量の放射線を満腹ネズミに照射したところ、100%のネズミが発ガンしたのに対し、腹五分程度の空腹ネズミに同量の放射線を照射しても、わずか0・7%しか発ガンしなかった」

という実験結果を発表しています。

アメリカのエモリー大学病院のS・ハイムスフィールド博士が「平均年齢50歳で同じ程度の進行ガン患者を無作為に抽出して、

A群(50人)......病院の普通食
B群(50人)......特別の栄養素を存分に入れたスープを加えた栄養食

を与えたところ、

A群の平均生存日数=300日
B群の平均生存日数=75日

という結果になったことを発表しました。

ガンは別名、悪性新生物(malignant neoplasm)と言われます。

「生物=生きもの」なのだから、成長・増殖するためには栄養が必要なのです。

よって、食べすぎるとガン細胞の増殖を促すことになります。

我々の体の中では、実は毎日約5000個のガン細胞が発生しています。

それを固まり(ガン腫)にしないように、ガン細胞を攻撃してくれているのが、白血球のNK細胞やマクロファージです。

しかし、小さいガン腫ができた時でも「空腹(断食)や発熱により、ガン細胞は自殺する」と言われています。

この「ガン細胞の自殺」を、医学用語でアポトーシス(Apotosis)と言います。

つまり、空腹(断食)によってこのアポトーシスを促すことができるというわけです。

ガン患者が食欲不振に陥るのは、ガン細胞の増殖を抑えて、少しでも延命をはかろうとする「本能の反応」に他ならないといえます。

名医が教える人生100歳時代の食事法『ちょい空腹がもたらす すごい力』記事リストはこちら!

087-H1-choikuhuku.jpg書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

石原結實(いしはら・ゆうみ)

医学博士。1948年、長崎市生まれ。長崎大学医学部卒業後、血液内科を専攻。スイスの自然療法病院、B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でがんをはじめとする種々の病気、自然療法を勉強。著書は『「食べない」健康法』(PHP研究所)、『「体を温める」と病気は必ず治る』 (三笠書房)など300冊以上。海外でも合計100冊以上が翻訳出版されている。

shoei.jpg

『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』

(石原結實/ワニブックス)

糖尿病や心筋梗塞、がんといった怖い病気。実は、そのほとんどが「食べすぎ」なければ避けることができるかもしれません。「朝食を抜く」「ショウガを多用する」など、簡単ですぐに実践できる健康的な「食べすぎないコツ」を、名医が教えてくれる「プチ断食マニュアル」です。

※この記事は『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』(石原結實/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP