日焼けケアの湿布やアイマスクにまで⁉ 紅茶の「使用済みティーバック」活用法

インフルエンザや風邪の予防、生活習慣病のリスク低下、さらには美容にもいい「飲み物」があるのをご存じでしょうか。それは普段から飲まれる方も多い「紅茶」です。「13の効能がある」という紅茶のスペシャリスト・斉藤由美さんがまとめた著書『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』(ワニブックス)から、健康のために取り入れたい「紅茶のレシピと飲み方」を連載形式でお届けします。

pixta_29957878_S.jpg

紅茶でやさしく日焼け後の肌ケア

日焼けって、しないようにと気を付けていても、肝心なときに予防を忘れてしまい、気がついたときには太陽の下でジリジリヒリヒリ。

暑くて流れてくる汗とは違う種類の汗が出てきそうな瞬間です。

そんな日の帰宅後のケアに、ぜひ紅茶を活用してみましょう。

どうやら、紅茶ポリフェノールには、日焼けによる肌の炎症を鎮めてくれる効果があるようなのです。

こんなとき、紅茶のお風呂にそのまま浸かれたら贅沢ですね。

でも、紅茶の色素がつくため、浴槽を洗うのがたいへん。

ですから、日焼けで火照った肌に直接、使用済みのティーバッグで湿布してあげるとよいでしょう。

ティーバッグは、使用したあと、冷蔵庫で冷やしておくと便利ですよ。

目の疲れに紅茶アイマスク

もうひとつ、使用済みティーバッグの活用方法をご紹介いたしましょう。

紅茶は、目の疲れにも効くのです。

パソコンやスマホに向かう時間が1日の多くを占めるという人、きっとものすごく増えていると思います。

その積み重ねで、目は知らず知らずのうちに疲れをためてしまっているかもしれません。

雑貨店でも、目の疲れを軽減するための多種多様なグッズをよく見かけます。

専用のグッズがなくても、ティーバッグがあれば、手軽に目の疲れを和らげてくれますよ。

使用済みのティーバッグを冷蔵庫で冷やし、ひとつずつまぶたの上に乗せて、そのまま目を閉じてリラックス。

数分後、ティーバッグを裏返し、再び目を閉じると、目の奥からゆっくりと疲れが取れていき、スッキリできます。

ひんやり感と、ほのかな紅茶の香りにもリラックスできる時間ですね。

明日の健康&美容がカップ1杯で変わる『紅茶セラピー』記事リストはこちら!

070-kocha-syoei-02.jpg体に与える13の効能から、すぐに使えるアレンジレシピまで、全9章にわたって「紅茶」の全てが語りつくされます

 

斉藤由美(さいとう・ゆみ)

英国紅茶研究家。日本紅茶協会認定ティーインストラクター、ティーアドバイザー。紅茶専門店&紅茶スクール「イギリス時間紅茶時間」(秋田県大館市)のオーナーとして、ティールーム、ショップ、紅茶スクールを運営。著書に『しあわせ紅茶時間』(日本文芸社)、『すてきな紅茶時間』(PHP研究所)など。

shoei.jpg

『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』

(斉藤由美、監修:冨田勲/ワニブックス)

古くは英国で万能薬として珍重された「紅茶」。実は近年、インフルエンザ対策や美容にも効果があると科学的に証明されています。そんな紅茶の効能、いれ方やアレンジレシピ、使い終わったティーバッグの利用法までが盛り込まれた、「健康×紅茶」の飲み方指南書。読み終わったら、すぐに一杯いれたくなります。

※この記事は『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』(斉藤由美、監修:冨田勲/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP