え!意外な組み合わせ!! 美容のための紅茶レシピ「枝豆豆乳ミルクティー」

インフルエンザや風邪の予防、生活習慣病のリスク低下、さらには美容にもいい「飲み物」があるのをご存じでしょうか。それは普段から飲まれる方も多い、「紅茶」です。「13の効能がある」という紅茶のスペシャリスト・斉藤由美さんがまとめた著書『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』(ワニブックス)から、健康のために取り入れたい「紅茶のレシピと飲み方」を連載形式でお届けします。

pixta_57054172_S.jpg

美容のための紅茶レシピ ちょっと意外な組み合わせ「枝豆豆乳ミルクティー」

枝豆と紅茶? ちょっと意外に思う方がほとんどでしょう。

でも、枝豆がいろいろなスイーツに使用されていることを考えると、なるほど納得と思える味なのです。

もともとは、私の地元である秋田県大館市の特産品、枝豆を紅茶に使ったらどんなふうになるかしらと思って考えたレシピなのですが、ティールームで一時期メニューに取り入れたところ、特に女性に大人気でした。

夏が旬の枝豆は、夏バテ防止にもすぐれ、疲労回復にも効果的です。

牛乳を豆乳に代えることにより、女性の健康と美容に話題の「大豆イソフラボン」が摂取できるのもポイント。

豆乳がたっぷりで満腹感を得やすいので、ダイエット中の飲み物としてもおすすめです。

材料(2~3杯分)
ティーバッグ......3袋
豆乳......400㏄
枝豆......50g
塩......少々
*お好みでグラニュー糖またはハチミツ

作り方
1.枝豆は、さやから取り出し、すり鉢ですって、粗いペースト状にします。フードミキサーなどを使用してもよいでしょう。

2.片手鍋に豆乳を入れ、の枝豆ペーストを加えて火にかけます。

3.ティーバッグはあらかじめ小鉢などに入れ、湯(分量外)をかけて浸しておきます(ティーバッグが浸る程度)。

4.かき混ぜながらを熱し、沸騰直前に火から下ろします。を浸した湯ごと片手鍋に入れ、塩少々を加え、フタをして3~4分蒸らします。

5.時間になったら、ティーバッグを引き上げ、全体が均一になるように上下左右に軽く振り、表面にできた豆乳の膜をティーバッグで取り除くようにしながら取り出します。カップに注いで、できあがり。

*枝豆ペーストも一緒にカップに取り分けて食べることで、枝豆の持つ栄養分もしっかり摂取できるのでおすすめです。

明日の健康&美容がカップ1杯で変わる『紅茶セラピー』記事リストはこちら!

070-kocha-syoei-02.jpg体に与える13の効能から、すぐに使えるアレンジレシピまで、全9章にわたって「紅茶」の全てが語りつくされます

 

斉藤由美(さいとう・ゆみ)

英国紅茶研究家。日本紅茶協会認定ティーインストラクター、ティーアドバイザー。紅茶専門店&紅茶スクール「イギリス時間紅茶時間」(秋田県大館市)のオーナーとして、ティールーム、ショップ、紅茶スクールを運営。著書に『しあわせ紅茶時間』(日本文芸社)、『すてきな紅茶時間』(PHP研究所)など。

shoei.jpg

『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』

(斉藤由美、監修:冨田勲/ワニブックス)

古くは英国で万能薬として珍重された「紅茶」。実は近年、インフルエンザ対策や美容にも効果があると科学的に証明されています。そんな紅茶の効能、いれ方やアレンジレシピ、使い終わったティーバッグの利用法までが盛り込まれた、「健康×紅茶」の飲み方指南書。読み終わったら、すぐに一杯いれたくなります。

※この記事は『紅茶セラピー 世界で愛される自然の万能薬』(斉藤由美、監修:冨田勲/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP