シニア世代で「たん」が出たら特に注意したい2つの病気って?

「のど」は、呼吸、飲み込み、発声という3つの重要な役割を果たしており、私たちが生きていく上で不可欠な器官です。

同時に、外部から空気や食べ物を取り込む「のど」は、病原菌を遮る第一関門でもあります。

「長生きしたければ、のどを鍛えましょう」と話す池袋大谷クリニックの大谷義夫先生に、シニア世代で「たん」が出たときの注意点を教えてもらいました。

症状が進むと亡くなることも...

たんからはさまざまな病気の兆候が読み取れますが、特にシニア世代が覚えておきたい病気が、発症すると完治が難しい「気管支ぜんそく」と、中高年女性に多く発症する「肺マック症」です。
どちらの病気も原因が特定できない場合も多いですが、高齢での発症も多いので、主な原因や症状を覚えておくとよいでしょう。

年間に1,000人以上が亡くなる気管支の病気「気管支ぜんそく」

成人の6~10%が罹患(りかん)し、高年齢での発症も多い病気です。

アレルギー疾患の増加などがその理由ですが、原因物質が特定できない場合も。

せきぜんそくの約30%が気管支ぜんそくへと悪化するので注意しましょう。

■主な原因

ほこり、ペットの毛、気温差、かぜなどのウイルス感染による気道への刺激。

疲労やストレス、睡眠不足から起こることもある。

■主な症状

気道が狭くなって呼吸が苦しくなり、たんが増え、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」という喘ぜん鳴めいが起きる。

夜間や早朝に出やすいのも特徴。

■主な治療法

吸入ステロイド薬を日々使用し、発作が起きないように日常的に予防する方法が基本。

発作時は即効性のある気管支拡張薬を吸入する。

気道の状態

1912p043_01.jpg症状(発作)がないときでも気道粘膜に炎症が起こり、むくんでいます。

1912p043_02.jpg気道がさらに狭くなり、たんが増え、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴が起きます。

やせ型の中高年女性に多いが原因はいまだ不明「肺マック症」(非結核性抗酸菌症)

庭の土や浴室など、どこにでも普通に生息する細菌「マック菌」を吸い込むことによる感染症です。

年間約8,000人が発症し、「肺結核は減少傾向であるのに対し、肺マック症は増加しています」(大谷先生)。

■主な原因

結核菌以外の抗酸菌、非結核性抗酸菌の一つである「マック菌」が肺に感染して発症。

ただし、詳細な原因はまだ解明されていない。

■主な症状

せき、たん、だるさ、発熱などかぜに似た症状のほか、血痰、寝汗、体重減少など。

数年から10年以上かけてゆっくりと進行する。

■主な治療法

特効薬はないが、抗生物質(クラリスロマイシン、エタンブトールなど)3~4種を服用。

最低でも3年ほどの服用が必要となる。

気管支拡張症から併発することもあります

気管支拡張症は、気管支の一部が壊れて広がる病気。

詳しい原因は解明されていません。

拡張した部分にたんがたまったり、細菌やカビが増殖して炎症を起こしたりし、肺マック症などの感染症を併発しやすくなります。

1912p043_03.jpg

構成・取材・文/岡田知子(BLOOM) イラスト/中川原 透

肺炎、ぜんそくから長引くせき、たんまで。『のどの病気を防ぐ』記事一覧はこちら

 

<教えてくれた人>

大谷義夫 先生

おおたに・よしお 池袋大谷クリニック院長。群馬大学医学部卒業後、九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、アメリカ・ミシガン大学留学などを経て、2009年より現職。呼吸器内科のスペシャリストとしてテレビや雑誌への出演も多い。『長引くセキはカゼではない』(KADOKAWA)など著書多数。

この記事は『毎日が発見』2019年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP