実は30代から始まっています。知っておきたい「40代女性の体の変化」

自分の体が思うようにならない...、そんな違和感がありませんか? 女性は特に40代以降、更年期や閉経という新しいモードに入っていく過程で、なんらかのトラブルはつきものです。そこで、『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(常喜眞理/すばる舎)より、女性家庭医である著者が提案する、それぞれの年代で起こる女性の体の変化への「上手な対応策」を、連載形式でお届けします。

otona001.jpg

40代女性のカラダには何が起きているの? 体のモード変化は30代から始まっている

40代。いわゆる更年期、女性の体が大きく変わるときです。

怖いですか?
不安ですか?

大丈夫。明けない夜がないように、終わらない更年期もありません。ポイントはどうソフトランディングさせるかです。

更年期やその他のトラブル対策に入る前に、まず40代女性の体に何が起こっているかを簡単に説明しましょう。

実は変化は30代から始まっています。20代のときにはまだ豊富に出ていた成長ホルモンが低下し、細胞再生能力がおとろえ始めます。

成長ホルモンは子どもの体の成長をさせるだけでなく、大人の体にも大切なホルモンです。体内の物質をエネルギーとして使えるようにし、さらに代謝(たいしゃ)を促し、体を修復・再生、すなわち回復させる働きもあります。この働きが低下するということは......

要するに、職場や家庭でハードワークして消耗しても、以前のような潤沢な補給は望めないということ。成長ホルモンの低下は40代でさらに進みますから、どんどん無理が利かない体になっているのです。

実感していますよね?

<こんな症状に心当たりは?>
・前日の疲れがとれない
・徹夜が負担になる
・風邪をひきやすくなった(1ヶ月前にひいて 治ったばかりなのにまたひいてしまった)
・髪のコシやハリが低下した
・化粧落としをせずに寝たら、肌荒れを起こすようになった
・お酒を飲んだ翌日に顔がむくむようになった

オトナ女子_ページ_014_画像_0001.jpg

女性ホルモン量の変化が自律神経を狂わせる

ここに追い打ちをかけるように、40代の女性の体は更年期を迎え、性ホルモンの減少が始まります。ただし、問題は量の低下というより"変化"なのです。この変化が、ホルモン分泌の司令塔である脳の視床下部にストレスを与えます。

ホルモン分泌・自律神経系全般は、脳の間脳(かんのう)の一部である視床下部(ししょうかぶ)というところがコントロールをしています。多くの部門を管理する役割ですから、会社にたとえると本部長職に当たるのではないでしょうか。

本部長は、管理している部署のひとつである性ホルモン部門の働きが低下し、「あれ、いつもと違うじゃないか」と面食らった状態となります。そのストレスでイライラし、他部署である自律神経部門へ八つ当たり。結果として自律神経系の部署にも悪影響が及ぶ、というイメージです。

オトナ女子_ページ_016_画像_0001.jpg

自律神経が狂い始めると、何でも起こり得ます。

動悸(どうき)、肩こり、頭痛、肌荒れ、ほてり、血圧の上昇、不自然な発汗、消化不良.........などなど。

さらには心にも影響を与え、体の不調とも相まって、うつ症状など感情の不安定を引き起こすこともあります。

更年期でなくても、妊婦さんが出産後に皮膚のトラブルが出たり、うつ状態になることがあります。これは出産に向けて、これまでより盛んに性ホルモンが分泌されたものの、出産を機にガクンと以前の量に戻るから、と考えられています。

この急激な性ホルモン量の変化により、自律神経が狂ってしまうわけです。私は"回復が期待できるプチ更年期"といって、子育てママに説明しています。

イラスト/加藤陽子

syoei002.jpg40代~70代まで、年代別に表れる症状の解説や、それに対する具体的な対応策を紹介。女性家庭医として著名な著者が、わかりやすく解説してくれる一冊です。

 

常喜眞理(じょうき・まり)

家庭医、医学博士1963年生まれ。常喜医院の院長としての診療とともに、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として、婦人科や乳腺外科の診察結果を総合的に最終診断する立場を担っている。テレビの健康番組にも多数出演。

shoei.jpg

『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』

(常喜眞理/株式会社すばる舎)

40代からの女のカラダは健康リスクがてんこ盛りです!女性のための年代別アドバイスで心と体の次のモードに備えましょう。輝く後半生に向けて、めざせ健康オトナ女子!!!

※この記事は『マリ先生の健康教室 オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(常喜眞理/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP