実は栄養もある!高血圧やむくみ解消「きゅうり」のススメ

「さっぱりしたものが食べたーい!」。暑い日が続くと、そんな気分になります。食欲がないとき、もう一品欲しいときに大活躍してくれるのが、きゅうり。料理研究家の石原洋子さんにその栄養素について教えてもらいました。

A9R1q9jvsa_yim7gy_h8.jpg

むくみ解消に効果あり!さっぱりが魅力のきゅうり

きゅうりは90%以上が水分です。爽やかな風味で、どんな味に合わせても相性が良く、夏に重宝する野菜といえます。

また、100g 当たりのカロリーが14kcalと少なく、ダイエット食にもなります。栄養がないように言われていますが、そんなことはありません。主な栄養素はカリウムで、なすの約0.9倍。ビタミンC、食物繊維の量は、トマトとほぼ同じです。

カリウムは、ナトリウム(塩分)を排出する作用があり、高血圧に効果があります。また、利尿作用もあるので、体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果があります。きゅうりは、夏バテの強い味方です。

きゅうりの選び方、扱い方
太さが均一で、色が濃く、ツヤがあり、へたの切り口が瑞々しいものを選びましょう。種類にもよりますが、イボがしっかりしていることも大切です

A9Rosgacg_yim7gt_h8.jpg
イボが気になるなら、調理をする前に包丁でこそげます。

 

A9Rbx3p6y_yim7gv_h8.jpg塩をふって板ずりすると、色が鮮やかになります。

 

撮影/原 務 スタイリング/度会順子 栄養計算/スタジオ食

 

<教えてくれた人>

石原洋子(いしはら・ひろこ)さん

料理研究家。自由学園に学ぶ。卒業後は、各分野の料理第一人者に師事し、料理家のアシスタントを務めたのち独立。自宅で開く料理教室は40年以上続く。テレビや雑誌などで活躍中。著書多数。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP