16時間の空腹で体リセット「究極の食事法」のデメリットとは?

「食べるとすぐ眠くなる」「疲れやすくなった」。こうした症状、もしかしたら「食べすぎ」のせいかもしれません。そこで今回は、医学博士・青木厚先生による話題の著書より、「空腹」の力を活用した食事法や、そのメリットについてお届けします。

※この記事は『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木 厚/アスコム)からの抜粋です。

pixta_32268869_S.jpg前の記事:16時間がカギ!ものを食べない「土日リセット」って?/空腹こそ最強のクスリ(5)はこちら

 

究極の食事法のデメリットは、筋力が落ちてしまうこと

「1日に16時間の空腹」を作ることで、内臓を休め、脂肪を燃やし、細胞を蘇らせ、体をリセットする。そんな究極の食事法ですが、そのやり方について、最後に一つ、みなさんにお伝えしておかなければならないことがあります。それは、

この食事法を実行する際には、必ず、簡単な筋トレを、並行して行ってください。

ということです。

空腹の時間を作ると、一日の総摂取カロリーが減り、体重も減少します。
その際、もちろん内臓脂肪が分解されるのですが、同時に、人体にとって必要な筋肉も落ちてしまいます。

というのも、外部(食べもの)からエネルギーが入ってこなくなると、体は、脂肪だけでなく、筋肉をも燃やして、エネルギーに変えようとするからです。

筋肉量が減少すると、基礎代謝量が減るため、かえって太りやすい体質になってしまいます。特に高齢者の方は、体を支えるのも難しくなってしまう可能性があり、非常に危険です。せっかく健康のために空腹の時間を作っても、それでは逆効果になってしまうのです。 

特別な筋トレではなく、生活の中でできるトレーニングを

もっとも、「筋トレ」といっても、特別なことをする必要はありません。

「階段を上り下りする」「腕立て伏せや腹筋、スクワットを、できる回数だけやる」といった程度のことで十分です。

実際、私も、日々この食事法と並行してトレーニングを行っていますが、その内容は「朝、腕立て伏せと腹筋をやり、しんどくなったらやめる」というものです。

過度の運動は、活性酸素を発生させる原因にもなります。とにかく「無理のない範囲でやる」ことを心がけましょう。

なお、体重60キロの人が20分程度、ゆっくりと階段の上り下りをすると、約100キロカロリー消費するといわれています。これは、体重60キロの人が12分程度、ジョギングを行った場合の消費カロリーに匹敵します。

階段の上り下りも、日常生活の中でできる立派な有酸素運動なのです。

 

 

青木 厚(あおき・あつし)

医学博士。あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長。自治医科大学附属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、2015年、青木内科・リハビリテーション科(2019年に現名称に)を開設。糖尿病、高血圧、高脂血症、生活習慣病が専門。糖尿病患者の治療に本書の食事術を取りいれ、インスリン離悦やクスリを使わない治療に成功するなど成果を挙げている。自身も40歳のときに舌がんを患うも完治。食事療法を実践してガンの再発を防いでいる。ライザップの医療監修ほか、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)などメディア出演多数。

616jd28IjFL.jpg

『「空腹」こそ最強のクスリ』

青木 厚/アスコム

最新医学のエビデンスに基づき、食事の方法を「何を食べるか」ではなく、「食べない時間(空腹の時間)を増やす」という簡単なルールだけで提唱。医学博士の著者が、自身が舌がんを患った経験から食事方法を見直し、炭水化物や甘いもの、お酒も我慢せず、ストレスなく健康になることを目指す、話題の一冊!

この記事は書籍『「空腹」こそ最強のクスリ』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP