呼吸で心を整える!室内で簡単にできる「歩く禅」とは

歩くことは健康づくりの第一歩。自然の中を深い呼吸を心掛けて歩くことで、心と体を整えることに繋がるという、曹洞宗徳雄山建功寺住職の枡野俊明さんに、誰でも実効しやすい歩き方を教えてもらいました。

1904_p021_01.jpg

現在66歳の枡野さん。背筋がピンと伸び、肌も艶やか。健康法は、歩くことと坐禅だという。

前の記事「禅の名僧に教わった、心と体を整えるウォーキングの極意/禅の名僧に学ぶウォーキング(1)」はこちら。

 

歩く禅で心を整える

禅の修行のように無心で歩く。
呼吸を整えながら歩いて心を整える。

そう聞くと、少し難しそうな気がします。そんな方々のために、室内でも簡単にできる「経行」という歩き方も教えていただきました。

 

経行(きんひん)
坐禅を続けて行うときに、坐禅と坐禅の間に行うのが経行。

・まず、息を吐く
・半歩足を進めながら息を吸う
・もう一方の足を半歩進めながら息を吐く
・2mほど先を見て、手は胸前で重ねる

上記を5分程度行うだけで心が整ってくるといいます。

本来は線香一柱分、約40分の坐禅を行った後に、半歩一呼吸で行う歩き方だとか。静かに呼吸をしながら歩くだけで、心がスーッと落ち着いてきます。ぜひ一度、試してみてください。

こちらから↓
「禅の名僧に教わった、心と体を整えるウォーキングの極意/禅の名僧に学ぶウォーキング(1)」

 

次の記事「禅の名僧に教えてもらった「歩くヒントになる4つの禅語」」はこちら。

取材・文/丸山佳子 撮影/齋藤ジン

 

 

<教えてくれた人>

枡野俊明(ますの・しゅんみょう)さん

1953年神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職。禅の思想をもとに庭園デザイナーとして活躍し、国内外で高い評価を得る。多摩美術大学環境デザイン学科教授。著書に『上手な心の守り方』『心配事の9割は起こらない』『近すぎず、遠すぎず。』など多数。

この記事は『毎日が発見』2019年4月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP