立ち方、歩き方を見直して卵巣を元気に!「卵巣活ウォーキング」にトライ/卵巣活

今までと同じ生活を送っているのに、疲れやすい、気分が落ち込む、急に体重が増加する......40代からのそんな不調の原因は、実は卵巣機能の低下によるものです。日常のちょっとした体の使い方を意識するだけで、卵巣機能を活発化させ、不調を防ぐのが、整体トレーナー奥谷まゆみさんの提案する「卵巣活」。今日からはじめてみませんか。
※この記事は『女40代 不調を感じたら始める「卵巣活」』(奥谷まゆみ/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「腰痛、便秘、むくみに落ち込み。すべて一掃する「座骨立て座り」をマスターしよう!/卵巣活(5)」はこちら。

 

かかとの上に卵巣はある

次は立ち方です。まずいつもの感じで立って、足の裏に意識を集中して1分間立ち続けてみましょう。そして、自分の重心がどの辺りにあるかを感じてみましょう。指の付け根辺りや、小指側のラインに重さがかかっている感じがする人が多いんじゃないかな?

卵巣を元気にする立ち方のコツはかかとに重心をかけること。かかとを真下にぐっと踏むように立つことです。なぜかというと、かかとの上には脚の骨があり、その先には股関節があり、そのすぐそばに卵巣があります。かかとをぐっと踏むように、重心を載せて立つようにすると、同時に生じる地面からの反作用により、股関節が押し上げられ、股関節周辺の筋肉のスイッチが入るので、立っているだけで股関節周辺、つまり卵巣の血行がよくなるのです。

実際に試してみましょう。股関節に手を当ててください。

まず軽く膝を緩めた後に、かかとを真下にぐっと踏むようにしながら、背筋を伸ばします。
座るときと同じように、頭の重さをかかとの上に載せて、胸を反らさず、後頭部と背中が垂直になるように1分間キープします。人によっては、股関節がほんのり温かくなってきます。

今度は、重心をかかとからつま先寄りにして、同じようにやってみてください。これでは、股関節は温かくなりません。ぜひ比べてみてください。

p075.jpg

 

歩くときの脚は、根元から動かすイメージで

次は「歩く」を改善していきましょう。脚の骨の付け根は股関節ですが、動かす筋肉はみぞおち辺りからつながっています。脚を根元からしっかり動かせば、骨盤の中の筋肉も動きます。せっかくウォーキングをしても膝から下だけをちょこちょこ動かすだけでは、卵巣を活発にする歩き方にはならないのです。

脚の筋肉を根元から使って歩く、「卵巣活ウォーキング」をやってみましょう。この手順はいっぺんにやらないで、(1)ができるようになったら(2)の要素を足す、という感じで、少しずつ完成させていってください。

(1)後頭部と背中を一直線に立てたまま歩く練習をしましょう。首が前に出る人が多いので、注意してください。p079.jpg

 

(2)膝が外側を向いたり内側を向いたりしないように、常に正面を向いているように意識しましょう。p079.jpg

 

(3)歩幅を大きくしてみましょう。大きく1歩を前に踏み出すよりも、後ろ脚の太ももの裏にきゅっと力が入っていることを意識します。
(1)(2)の姿勢が崩れないように。みぞおちから脚の筋肉が伸びているのが実感できると思います。そうすると、脚もとても長く見えるんですよ。p080.jpg

 

(4)(1)~(3)ができると、自然とかかとから着地できるようになっているはずです。ドスンドスンと着地せず、静かに着地するように心がけると、さらに美しく、筋トレ効果が増します。

履物はスニーカーでもハイヒールでもOKです。歩くとき、腕は振ろうとしないで、自然に動かしましょう。

 

奥谷 まゆみ(おくたに まゆみ)

からだクリエイトきらくかん代表。整体トレーナー。

心理療法や整体を学んだ後、1998年に開業。以来、30~40代の未婚・既婚・産前産後の女性を中心にのべ2万人以上の体を観察し、その経験から、体を動かすことで不調を改善する「からだレッスン」を考案。指導を行う他、全国各地で講演やワークショップを行っている。著書は『おんなみち』(KADOKAWA)『いますぐはじめる子宮活』(ブルーロータスパブリッシング)『骨盤育児』(京阪神エルマガジン社)他多数。


『女40代不調を感じたら始める卵巣活』

(奥谷まゆみ/KADOKAWA)

40代からの疲れや落ち込み、やる気のなさ……「これって更年期!?」とあきらめる前に、卵巣を活性化させる「卵巣活」を試してみませんか。のべ2万人以上の女性の体を観察してきた整体トレーナーが筆者が教える「からだレッスン」で、40代からもしなかに美しく、そして健康に生きるコツをまとめました。

 

この記事は『女40代不調を感じたら始める卵巣活』からの抜粋です
PAGE TOP