寝たきりから仕事復帰した90歳バレエ教師。「今も現役」の秘訣は美への意識と毎日の食事!

雑誌「毎日が発見」で「寝たままリンパ体操」を連載中のバレリーナでプロダンサーの前新マミさんは、北海道函館市の出身。リンパ体操の原点となる指導に出会ったのは、クラシックバレエを始めた函館時代のことだそうです。そこで、バレエを習い始めた幼少期から現在まで師と仰ぐ、バレエ教師で振付師の三国徳栄さんに会いに行ってきました。

 
寝たきり生活の後も体を動かすことで元気に

「戦後、何かやりたいという一心からバレエを始め、函館に稽古場を開いてから勉強のため上京し、(故)千葉昭則先生に師事。その中で、筋肉意識や体の使い方を学びました。バレリーナの体づくりのために、床を使って行われるのがリンバリング(柔軟)です」(三国さん)。リンバリングとは、前新マミさんのリンパ体操の原点です。

1901p032_01.jpg

三国徳栄さん(左)と前新マミさん。

「美しく歩くこと、美しい姿勢で立てることは何歳になっても重要です。心が整っていれば、自然と姿勢も美しくなるの。だらけていると、姿勢もだらしなくなります。また、年を取ると誰でも体を動かしにくくなるもの。だからこそ、末端から血流を良くすることがとても大事です。私は毎日、手足を動かす体操を行っているの。おかげで、病後も1人で動けるようになりました」(三国さん)

1901p033_01.jpg前新マミさんは、3歳から三国先生の元でバレエを師事。食事や生活習慣なども先生の影響が強いとか。

2017年、三国さんは腸炎が原因で4カ月に及ぶ入院生活を過ごしました。ほぼ寝たきりで過ごすうち、筋力は落ち、一時は文字を書くこともできなかったそうです。「転院をきっかけにリハビリを始めました。歩行器、乳母車、介護者付き添いでの歩行などを続けるうち1人で歩けるようになりました。退院後は食事にも気を付けています。朝は山盛りのサラダとプルーン、チーズを必ず食べます。夜は、肉や魚料理とお総菜が基本。台所に立って、作っていますよ」(三国さん)。

 

食事は毎回記録中です!
1901p035_05.jpg退院してからは、毎回欠かさず食事の記録をつけているそう。朝食には、たっぷりの野菜を摂るのがお約束。食事の支度は、自分で行うのも長年の習慣です。

長い入院生活中、外泊許可をもらい最初に行った場所は美容室だそうです。「"美"はいくつになっても必要。闘病中でも髪色を変えるだけで元気が出るもの。時々、若い頃使っていたアクセサリーや洋服を身に着けてみるの。すると、当時の記憶が思い出されます。周りが驚くから人前ではしないけどね(笑)」(三国さん)。

三国さんのバレエスクールは、2021年に70周年を迎えます。「90歳まで筋肉はできるの。だから身をもって確かめるのがいまの課題。そして、70周年には自分が振り付けた舞台を見ることが待ち遠しいです」(三国さん)。

 

次の記事「90歳バレエ教師が自宅で毎日実践! しなやかボディを維持する健康体操を公開(2)」はこちら。

取材・文/笑(寳田真由美)

 

 

三国徳栄(みくに・よしえ)さん

バレエ教師・振付師。1929(昭和4)年北海道生まれ。女学校卒業後、札幌でバレエに出会い、1951(昭和26)年三国バレエ研究所設立(函館市)、1991(平成3)年同研究所会長に就任、現在に至る。

この記事は『毎日が発見』2019年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP