健康&美容に役立つ「寒天」ドレッシングで、さっぱり小鉢を【作ってみた】

暑い日には、のどごしがよく、つるんと食べられるゼリーがおいしいですよね。このゼリーを作るためには、"寒天"が使われることが多いですが、"寒天"ってお菓子作りにしか使えないと思っていませんか?実は料理に使えば、食物繊維量がUPするだけでなく、肉汁を閉じ込めたり、米粒がツヤツヤにしたりと、プラスの効果をたくさんもたらしてくれるんです。

『毎日が発見』2018年8月号では、そんな寒天を使った料理レシピを紹介しています。そこで今回は、寒天の中でも最もポピュラーな"粉寒天"を使った料理を実際に作ってみました。

関連記事:「2グラムでレタス約1個分!「寒天」の食物繊維で健康&美しく(1)

 

トップクラスの食物繊維量を含む"寒天"

28081801.jpg寒天は、何かに混ぜて使われることがほとんどなので、これ自体にあまり栄養素がないように思えたりしますが、実は、ある栄養素が食品の中でもトップクラスなんだとか。それは「食物繊維」。もともと寒天の原料は、テングサやオゴノリなどの海藻類で、これらを煮溶かし、ろ過して凍結乾燥させたものが寒天になります。

この寒天には、水溶性と不溶性、両方の食物繊維が豊富に含まれていて、たとえば粉寒天2gでレタス約1個分に匹敵する食物繊維を含んでいるんだとか。食物繊維には、コレステロール値低下、発がん性の腸内物質排出への貢献、さらには、関節炎やリウマチの予防・改善、制がん作用などもあると期待されています。そんな寒天をお店で探してみると、糸寒天、粉寒天、棒寒天といったものが見つけられますが、今回は一般的によく使われている「粉寒天」を使って、料理研究家・村上祥子さん考案の寒天料理を作ってみたいと思います。

関連記事:「寒天を使ったごまドレ&ポン酢ドレッシングで、ヘルシー&簡単小鉢(7)

 

(1) 後味さっぱりな「寒天ごまドレッシング」

まずは寒天を使って、料理に取り入れやすいドレッシングを作ってみます。
<材料>(できあがり380ml)
水...50ml
粉寒天...2g
A
白すりごま...大さじ2
砂糖...大さじ2
しょうゆ...大さじ2
酢...大さじ2
ゆずこしょう(またはペッパーソース)...小さじ1/2
豆板醤...小さじ1/2
ごま油...大さじ1

水...200ml

<作り方>
1、 耐熱ボウルに水(50ml)を入れ、粉寒天をふり入れて混ぜる。28081802.jpg 
2、 ふんわりラップし、600Wの電子レンジで30秒加熱し、寒天が溶けるまで混ぜる。28081803.jpg 
3、 Aをすりごまから順にごま油まで加え、そのつど泡だて器で混ぜ、最後に水(200ml)を加えて混ぜれば完成。28081804.jpg 
「寒天ごまドレッシング」はこんな感じ28081806.jpg粉寒天を使ったドレッシングを作ってみました。寒天を入れているので、もっとドロッとするのかと思いきや、意外と軽くとろみがついた程度でした。なめてみると、最初に少し豆板醤の辛味がきますが、すぐにごまの香ばしさがぶわっと口の中に広がります。でも、しょうゆベースなので、後味はさっぱり。サラダにかけるだけでも、十分楽しめます。
こんな「寒天ごまドレッシング」を使って2品作ってみました。

 

 
(2) シャキシャキ歯ごたえがおいしい「たたききゅうり」

<材料>(2人分)
きゅうり...1本
寒天ごまドレッシング...大さじ2

<作り方>
両端を切り、ポリ袋に入れたきゅうりをめん棒でたたき、一口大に割る。これにドレッシングを回しかければ完成。28081805.jpg 
さてお味は?28081807.jpgまずは、たたききゅうりにドレッシングをかけてみました。めん棒でたたくことで繊維が壊れたきゅうりに、ドレッシングがしみ込み、噛めば噛むほどごまの香ばしさが口の中に広がります。きゅうりにドレッシングをかけただけの料理ではありますが、一度食べるとヤミツキに。簡単に作れて、お酒のつまみにもぴったりです。

 

 

(3) 淡白な豆腐との相性もバッチリ!「つぶし豆腐」

<材料>(2人分)
もめん豆腐...200g
万能ねぎ(小口切り)...1本
寒天ごまドレッシング...大さじ2

<作り方>
器に入れた豆腐を、フォークで押さえてつぶす。万能ねぎを散らし、ドレッシングをかければ完成。28081808.jpg 
さてお味は?28081809.jpgこちらも、つぶした豆腐にドレッシングをかけるだけという、とっても簡単なレシピです。豆腐は、もちろんつぶさず、冷奴にドレッシングをかけてもいいのですが、こうやってつぶすことで、ドレッシングが豆腐にからみやすくなり、豆腐のたんぱくな味とも相性バッチリでした。夏バテで疲れ、食欲がないときでも、つるんと食べられる一皿です。

この「寒天ごまドレッシング」以外にも、『毎日が発見』2018年8月号では、かつお節やポン酢を混ぜた「寒天ポン酢ドレッシング」や、トマトやパセリ混をぜた「寒天トマトドレッシング」といったレシピも紹介しています。

今回は、粉寒天をドレッシングに混ぜて、料理に使ってみましたが、次回は肉やお米に混ぜ込んだ、もう一歩踏み込んだ「寒天料理」を作ってみたいと思います!

 

次の記事「お肉はジューシー、米はツヤツヤ! ボリューム満点&低カロリーな「寒天」料理を【作ってみた】」は近日公開。

写真・文/JUNKO

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP