サラダ、スープにも。彩りがキレイになるレンズ豆レシピ/親子で乾物

栄養満点で食物繊維も豊富な豆は、生活習慣病予防のためにもぜひ取り入れたい食品。「下ごしらえが面倒」と思う方もいるかもしれませんが、実は難しくありません。親子で活躍する料理研究家、小林まさるさん、まさみさんに、もどし方のコツやおいしいレシピを教えてもらいました。

前の記事「栄養の宝庫!下ごしらえ楽チンな「乾燥豆」を使いこなそう/親子で乾物(1)」はこちら。
 

まさみさん直伝! レンズ豆を使ったレシピ
1808p111_04.jpg

1808p111_01.jpg「レンズ豆と押し麦のサラダ」
いろいろな素材が絡み合った複雑な味わいが魅力。皮なしの赤レンズ豆なら早く煮えて便利です。

【材料(4人分)】
赤レンズ豆...100g
押し麦...50g
きゅうり...1本
紫玉ねぎ(または玉ねぎ)...1/4個(50g)
トマト...1個(150g)
レモン汁...大さじ1と1/2
 カレー粉...小さじ1
 一味唐辛子...小さじ1/4
 塩...小さじ1
 砂糖...小さじ1/4
 こしょう...少々
 サラダ油 ...大さじ3

【作り方】
1. 押し麦はさっと洗う。きゅうりは1㎝角に切る。玉ねぎは粗みじん切りに、トマトは1㎝角に切る。
2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、押し麦を加えて中火で10分ほどゆでる。ざるに上げて流水で洗い、水けをよくきる。
3. 別の鍋に湯を沸かし、レンズ豆を入れて再び沸騰したらアクを取りながら、中火で8~10分ゆで、ざるに上げる。
4. ボウルに押し麦、レンズ豆、きゅうり、玉ねぎ、トマトを入れ、混ぜ合わせたAを加えて混ぜ、冷蔵庫で30分以上冷やす。

 

 

1808p111_02.jpg「レンズ豆のポタージュ」
冷やしても、のどごしが良くおいしく味わえます。

【材料(2人分)】
赤レンズ豆...100g
玉ねぎ...1/4個(50g)
にんにくのみじん切り...小さじ1
水...1 1/4カップ
 顆粒コンソメスープの素 ...小さじ1/2
牛乳...3/4カップ
塩...小さじ1/3
粗びき黒こしょう...少々
オリーブ油...大さじ1

【作り方】
1. レンズ豆はさっと洗う。玉ねぎはみじん切りにする。
2. 鍋にオリーブ油を入れて中火で熱し、玉ねぎ、にんにくを加えてしんなりするまで炒める。
3. レンズ豆を加え、油がまわるまで炒めてAを加え、ひと煮立ちさせてアクを取る。ふたをして弱火で10分、豆がやわらかくなるまで煮て、粗熱を取る。
4. 3をマッシャーなどでつぶしてなめらかにし、牛乳を加えて再び火にかける。沸騰直前まで温め、塩で味をととのえ、器に注いでこしょうをふる。

 

取材・文/細川潤子  撮影/原 務 


1807p112_prof.jpg

小林まさるさん、まさみさん

嫁舅(しゅうと)の間柄で、二人とも料理研究家。撮影時はお互いのアシスタントも務め合い、雑誌・テレビなどで活躍する。まさみさん夫婦とまさるさん+愛犬(1歳3カ月)で仲良く同居中。

この記事は『毎日が発見』2018年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP