同じじゃないの? 更年期治療で知っておきたい「低用量ピルとHRTの違い」

顔から汗が止まらない、イライラが抑えきれない、 悲しくもないのに涙が出る...それは「女性ホルモン」が原因かもしれません。そこで、15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で若年性更年期を乗り越えた葉石かおりさんの著書『死んでも女性ホルモン減らさない!』(KADOKAWA)より、女性ホルモンと更年期の関係や食生活、運動、心のケアについてご紹介します。

pixta_45765499_S.jpg

ホルモン補充療法の不安解消 Q&A

Q:低用量ピルとHRTの違いは?

A:私の更年期治療のスタートはHRTではなく、低用量ピルからでした。

閉経前で生理があったこと、また生理痛が重かったこと(月経困難症)、さらにはPMS(月経前症候群)がひどかったことが低用量ピルとなった理由です。

この話をすると「低用量ピルとHRTって同じなの?」と聞かれるのですが、そうではありません。

低用量ピルの使用は原則、閉経前の50歳までの女性。

また基本的に子宮内膜症や月経困難症といった疾患の治療に用いられます。

実際、低用量ピルを飲み始めたことで、寝込むくらいひどかった生理痛も緩和しましたし、一番の悩みだったホットフラッシュ、猛烈なイライラもウソのように改善しました。

少なくなったエストロゲンを補うという意味で低用量ピルはHRTと同様の効果を得ることができますが、ずっと使い続けることはできません。

血液検査でホルモン数値の結果を見ながら、医師の指導のもとでHRTへと移行していきます。

HRTの目的は、更年期障害や閉経後の骨粗しょう症の予防。

閉経後の女性の更年期治療は基本的に全てHRTとなります。

HRTはピルよりもエストロゲンの量が少ないので不安でしたが、特にカラダの変化や不調は感じませんでした。

私もそうでしたが、女性の多くが「女性ホルモンは多いほどいい」と思いがち。

中にはHRTのジェル剤を必要以上に塗ってしまう人もいるそう。

でもこれはレッドカードです。

「不正出血の原因になりかねない」と吉野先生。

お酒もそうですが、女性ホルモンの量も適量がいいということですね。

ピルとHRT(ホルモン補充療法)の違い

●避妊用ピル(低用量経口避妊薬=OC)治療用ピル(LEP)
使用目的避妊や月経困難症、月経不順、PMS、子宮内膜症に伴う痛みの治療に用いる薬
作用機序排卵を抑制して子宮内膜を薄くするほか、避妊、月経困難症、子宮内膜症に伴う痛みの治療に効果がある
【主な対象女性月経があり、かつ閉経前の女性
女性ホルモン(エストロゲン)の強度HRTの標準容量の約6~8倍

●ホルモン補充療法(HRT)
使用目的更年期障害や閉経後の骨粗しょう症などのエストロゲン欠乏による症状を治療する薬
作用機序不足したエストロゲンを必要最少量補い、エストロゲン欠乏に伴う症状に効果がある
主な対象女性エストロゲンが低下した閉経後の女性
女性ホルモン(エストロゲン)の強度閉経前の卵巣機能の半分から4分の1またはそれ以下

200809_01.jpg※低用量ピル、HRT ともに病歴や体質、喫煙などの生活習慣などによって処方できない場合があります。

【まとめ】『死んでも女性ホルモン減らさない!』記事リスト

81l-FPgF1BL.jpg

女性ホルモンと更年期の関係や、更年期での食生活・運動・心のケアなどが、3章にわたってわかりやすく解説されています

 

葉石かおり(はいし・かおり)
ラジオレポーター、週刊誌の記者を経て、エッセイスト、酒ジャーナリストに。年下婚、離婚などを経験し、各メディアにエッセイやコラムを寄せる。また、国内外でサケ・アカデミーを開講し、日本酒の伝道師・SAKE EXPERT の育成を行う。お酒と健康について、医師に取材した著書『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP 社)が13 万部を超えるベストセラーに。

shoei.jpg

『死んでも女性ホルモン減らさない!』

(葉石かおり/KADOKAWA)

つらい更年期をハッピーな「幸年期」に変えるのはケア次第なんです。著者が15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で編み出した「女性ホルモンとの付き合い方」が、マンガを織り交ぜてわかりやすく紹介されています。女性ホルモンと更年期の関係や、食生活・運動・心のケアなど、更年期と向き合うためのヒントを教えてくれる一冊です。

※この記事は『死んでも女性ホルモン減らさない!』(葉石かおり/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP