早期に気づくカギは「著しい倦怠感」です。関節リウマチの「合併症」とは

患者&予備軍が700万人に上るといわれ、痛みとともに手指が曲がってしまう難病の「関節リウマチ」。これまで「不治の病」と思われてきたこの病気の治療法は、実は新薬の登場で劇的に変化しているのだそうです。そこで、10万人の患者を救ってきたリウマチの専門医・湯川宗之助さんの著書『リウマチは治せる! 日本一の専門医が教える「特効ストレッチ&最新治療」』(KADOKAWA) より、「リウマチを治すための最新情報」をご紹介します。

pixta_67972576_S.jpg

関節リウマチの合併症は防げる!新型コロナのリスク低下の期待も

関節リウマチの治療で薬を長期的に服用すると、合併症としてさまざまな障害が現れることがあります。

基本的には、血液検査や診察ごとの症状の変化などから、医師がリスクの度合いをきちんとチェックしていますが、どのような症状が現れるのかおおよそ知っておけば、きちんと防ぐことができます。

合併症予防に自分でもできることがある

合併症の臓器障害が現れやすいのは、「肺」「肝臓」「腎臓」などの器官です。

すべてに共通して早期に気づくカギは、「著しい倦怠感」があること。

ほかにも、それぞれについてポイントがあるので覚えておきましょう。

●肺の障害に気づくポイント
「38度以上の高熱がある」「咳が続いて痰がからむ」「仕事や家事でいつもと同じ動作をしているのに、呼吸が苦しい」「普段より唇の色が悪く、安静にしても改善しない」

●肝臓の障害に気づくポイント
「眼球・皮膚に黄疸が出る」

●腎臓の障害に気づくポイント
「靴下を脱いでしばらくしても、靴下の跡が消えない」「浮腫(むくみ)の部分を押すと、へこんだまま戻らない。または、戻りが非常に遅い」「体重が急激に増加した」また、薬の作用とは関係なく、関節リウマチの特徴である炎症が、関節だけでなく全身で起こることもあります。

●間質性肺炎

関節リウマチの合併症として、昔からよく知られているのが間質性肺炎です。

肺には、「肺胞」という袋状の組織がつまっていて、そこで酸素と二酸化炭素の交換を行っています。

この肺胞どうしの間を埋めて、肺胞の〝壁〟の役割をしているのが「間質」なのですが、ここに炎症が起こり、次第に線維化していくのが「間質性肺炎」です。

実際に起こると、肺は弾力を失って硬くなり、呼吸効率が悪くなるので、息切れや呼吸困難などに注意しましょう。

●リウマトイド血管炎

一方、関節リウマチに伴って、血管の壁に炎症が発生したものは「リウマトイド血管炎」と呼ばれます。

これが皮膚の小さな静脈で起こると、症状としては「皮疹」「発疹」「紫斑」などが現れることがあります。

中小の動脈に起こると、「皮膚の潰瘍」「手足の指の壊疽」などが起こります。

心臓・肺・腸・腎臓・睾丸・リンパ腺などの臓器で、「動脈炎」として起こることもあります。

心臓の血管での炎症は心筋梗塞を招く恐れがあるので、要注意です。

末梢神経を養っている血管に起こると、「しびれ」や「感覚麻痺」が現れます。

血管炎が特に重症だと、特定疾患に指定される「悪性関節リウマチ」と診断され、医療費の補助が受けられます。

●シェーグレン症候群

関節リウマチと同じく、自己免疫異常で起こるとされている「シェーグレン症候群」も、合併しやすい病気です。

こちらは、涙を出す涙腺や、つばを出す唾液腺に炎症が起こるので、眼の乾き(ドライアイ)や口の乾き(ドライマウス)が起き、それに伴って角膜が傷ついたり、虫歯になりやすくなったりします。

唾液腺の炎症が激しくなると、耳の下(耳下腺)が腫れることもあります。

また、半数ぐらいの人に、うつ症状が現れるとされています。

●続発性アミロイドーシス

関節リウマチの炎症を抑えられない状態が長く続くと、炎症に伴って発生する異常なたんぱく質が臓器に沈着し、その臓器に機能障害が起こる場合があります。

この異常なたんぱく質がいったん臓器に沈着してしまうと、取り去るための有効な治療法はありません。

そのため、関節リウマチの炎症をコントロールすることが最も大切なのです。

●骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカになり、骨がもろくなる病気です。

そのため、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。

関節リウマチに伴って現れる骨粗鬆症では、厳密に言うと2つのタイプの骨粗鬆症が併存しているのですが、いずれも「痛みによる運動不足」が関係していると考えられています。

●貧血

貧血(鉄欠乏性貧血)も、関節リウマチではよく併発します。

繰り返しますが、これらの合併症については、医師がリスクの度合いをきちんとチェックしています。

そのうえで、患者さんのほうでもできることがあります。

バランスのよい食事をして、良質な睡眠を取り、動けるかたは無理のない範囲で動き、できるだけストレスのない生活を送る──。

それが、合併症の予防にもつながっているということなのです。

【まとめ読み】『リウマチは治せる!』記事リストはこちら

イラスト/松野 実

81tZkpLNRPL.jpg

関節リウマチの正しい知識や、最新治療を受けるためのアドバイスを5章にわたって解説

 

湯川宗之助(ゆかわ・そうのすけ)
湯川リウマチ内科クリニック院長。父、兄ともにリウマチの専門医というリウマチ医一家に生まれる。2000年、東京医科大学医学部医学科卒業。親子2代で50年以上にわたりリウマチの研究を続け、患者数や症例数は日本一を誇る。日本リウマチ学会専門医・評議員。

shoei.jpg

『リウマチは治せる! 日本一の専門医が教える「特効ストレッチ&最新治療」』

(湯川宗之助/KADOKAWA)

患者と予備軍をあわせて約700万人に上るといわれる関節リウマチは、痛みとともに手指が曲がってしまう“難病”として多くの人に知られています。しかし、新薬の登場で関節リウマチの治療法は大きく変化しているそう。関節リウマチの正しい知識や、最新治療を受けるためのアドバイス、病院選びのポイントや、痛みを悪化させない生活習慣のコツなど、「リウマチを治すための最新情報」が満載の一冊!

※この記事は『リウマチは治せる! 日本一の専門医が教える「特効ストレッチ&最新治療」』(湯川宗之助/KADOKAWA) からの抜粋です。
PAGE TOP