気軽に始められる「音読習慣」で免疫力アップ!? のどや呼吸筋のトレーニングでより効果的に♪

新型コロナウイルス感染拡大の影響で声を出す機会が減り、声やのど、肺の老化が進んでいるかもしれません。意識的に声を出す「音読」は、のど、舌、声帯、表情筋、呼吸器の筋力トレーニングや、唾液の増加による免疫力アップなども期待できます。お持ちの本や新聞などで、誰でも気軽にできる「音読」を楽しく続けてみませんか? 今回は、池袋大谷クリニック 院長の大谷義夫(おおたに・よしお)先生に「もっと音読が楽になる方法や声、のど、肺にいい食材」について教えていただきました。

【前回】肺炎で亡くなる高齢者の7割以上は「誤嚥性肺炎」。予防に今すぐできる「音読トレーニング」のポイント

もっと音読が楽になるサポート術

「イィー体操」でのど・口の筋肉を同時に鍛える!

口角が引き上げられ、小顔効果も抜群!

1セット×5~10回
【ポイント】奥歯を食いしばるように力を入れて

2102_P056_01.jpg

やり方
①顔は正面を向き、できるだけ口を横に開く。
②「イィー」と長く発声させるイメージで10秒間キープする。声を出した方がやりやすければ、声を出してもよい。

「タオルトレーニング」で呼吸筋を鍛える!

胸が大きく動き、1回の呼吸でたくさんの空気を入れられるようになります。

1セット×3~5回
【ポイント】体の側面が気持ち良く伸びるように

やり方
①両足を肩幅に開き、タオルを肩幅の広さで両手に持ち、ゆっくりと息を吸いながら腕を持ち上げる。

2102_P057_01.jpg


②口から息を吐きながら、ひじを伸ばした状態で片側にゆっくり倒す。反対側も同様に行う。

2102_P057_02.jpg

【次ページ:声、のど、肺にいい食材って?】

 

<教えてくれた人>
池袋大谷クリニック 院長
大谷義夫(おおたに・よしお)先生
群馬大学医学部卒業。九段坂病院内科医長、東京医科歯科大学呼吸器内科医局長、米国・ミシガン大学留学などを経て、2009年より現職。呼吸器内科のスペシャリストとしてテレビや雑誌への出演多数。『長引くセキはカゼではない』(KADOKAWA)など著書多数。

【毎日が発見ショッピング】『吸う力』を鍛える、パワーブリーズプラス

 

2101-3kenkatu.jpg

マウスピースを口にくわえて「吸う」と「吐く」を繰り返すだけで呼吸筋が鍛えられ、肺活量がアップするおすすめアイテムです!

▶詳細はコチラ!

 

shoei.jpg

『医師が教える「1日3分音読」で若くなる!』

(大谷義夫/さくら舎)

1,400円+税
古典、名作、歌詞などから抜粋した20本の音読テキストを掲載しています。

この記事は『毎日が発見』2021年2月号に掲載の情報です。
PAGE TOP