玉ねぎレモンポン酢でカンタン!定番メニュー「減塩」アレンジ術

管理栄養士で料理家の村上祥子さんがおすすめするのが、「玉ねぎレモンポン酢」。玉ねぎにレモンを加えて健康への効果を高めたポン酢です。さっぱりとした味わいで奥深い旨味があり、かけてよし、加えてよし! 減塩効果もあるので、毎日の料理に活用しましょう。今回は定番メニューにかけた場合の「減塩効果」をお伝えします。

「玉ねぎレモンポン酢」の作り方はこちら

1905_p044_01.jpg

前の記事「あっという間に完成!玉ねぎレモンポン酢の小鉢レシピ5選/玉ねぎポン酢(4)」はこちら。

 

「玉ねぎレモンポン酢」は、料理にしょうゆやソース代わりにかけると簡単に減塩できます。しかも定番料理に意外なほどよく合い、さっぱりとさせてくれます。「玉ねぎレモンポン酢は塩分が低いので、しょうゆから替えるだけで減塩効果が抜群です。ケチャップやドレッシングよりカロリーも低めです。そのうえ、玉ねぎとレモンや酢の成分が健康をサポートしてくれます」(村上さん)。

以下、定番料理の減塩効果を、メニューごとにご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【ハンバーグ】
1905_p044_02.jpgウスターソース大さじ1 塩分1.3g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-1g 

 

とんかつ
1905_p044_04.jpgとんかつソース大さじ2 塩分2.0g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-1.7g

 

【サラダ】
1905_p045_03.jpgビネグレットソース大さじ1 塩分0.5g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-0.2g

 

冷ややっこ
1905_p045_05.jpgしょうゆ小さじ1 塩分0.9g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-0.6g

 

焼き魚
1905_p045_02.jpg

しょうゆ小さじ1 塩分0.9g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-0.6g

 

餃子
1905_p045_04.jpg

酢じょうゆ大さじ1 塩分1.3g

玉ねぎレモンポン酢大さじ1 塩分-1g

 

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

 

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士・料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP