血管から熱を逃がさない!「足の3カ所」に貼るだけ冷え対策「防寒テープ貼り」のススメ

肩こり、膝痛、便秘、どうにかしたい・・・。あなたの体の不調、根本的な原因は「内臓の冷え」にあるかもしれません。体の中の温度である「内臓温度」が1℃下がれば体の免疫力が激減するという、冷え性対策の第一人者・山口勝利さんは、「まずは内臓を温めることが重要」だと説きます。そんな山口さんの著書『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(アスコム)から、体を隅々までぽかぽかになる「究極の冷え症改善法」をお届けします。

pixta_31772022_S.jpg

冷え性の人の必需品 医療用防水フィルム

「ヒハツ(ロングペッパー。著者推薦の冷え対策スパイス)」と「ほかほかストレッチ(著者考案の冷え対策運動)」で内臓温度は上がります。それでもやはり、今、足先の冷えなどで悩んでいる人の手足の先まですぐに温かくなるというわけではありません。末端の冷えを解消というところまで効果が出るには、時間がかかります。

ですが今、足が冷たいと悩んでいる人は、一刻も早く改善したいと思っているのではないでしょうか。そんな方に特におすすめなのが、「防寒テープ貼り」です。

冷え症の人の足が冷たくなるのは、足の皮膚に近い血管から熱が逃げていってしまっているからです。冷えが気になる人、特に冷えの自覚のある人は、まず対処療法として熱を体の外に逃がさないようにすることが大切です。

その対策として、靴下を重ねばきしたり、ブーツをはいたりしている方も多いですが、実際には内臓を冷やすことにつながり、結果的には、足先の冷えにもつながっていきます。

関連記事:「靴下の重ねばき」「ブーツ」で冬の冷え対策・・・でも体の中の温度を下げているかも

血管から熱を逃がさないようにするのは、実はかんたんです。

足の3カ所に、フィルム状のテープを、下に紹介する、足の甲の真ん中、内くるぶしのすぐ下、ひざの裏の真ん中といった血管が浮き出ている熱が逃げやすい場所に貼るだけです。

また、そこだけにとどまらず、自分が冷えを感じているところに貼るのも効果があると思います。

貼るテープは、ドラッグストアなどに売っている、医療用の防水テープです。厚さがなるべく薄い30ミクロン以下のものをおすすめします。

商品名でいえば「デルガード防水フィルムロールタイプ」や「ニチバン防水フィルムロールタイプ」などがそれにあたります。ロール状になっていますので、それを名刺程度の大きさに切って、貼ってください。

「ヒハツ」と「ほかほかストレッチ」で温かくなった熱が足から逃げることはなくなり、足先はいつもほかほかになります。

058-008-126.jpg

テープは医療用なので、かぶれにくくはなっています。気にならないのであれば、1日中貼っていて構いませんが、もし、かゆくなるなど、皮膚に変化が起きたときは、すみやかにはがしてください。

その効果をぜひ確かめてください。

イラスト/石玉サコ

体の免疫力が大幅アップできる『内臓を温めなさい』記事リストはこちら!

058-syoei-naizou.jpg著者考案のストレッチをはじめ、内臓温度と健康の関係や体の温め方が6章にわたって解説。血の流れを良くする20の「ヒハツ」レシピも

 

山口勝利(やまぐち・かつとし)

1962年生まれ。神奈川県横須賀市出身。理学博士、柔道整復師、鍼灸師、全国冷え症研究所所長。30歳のときに墨田区で鍼灸の治療院を構える。体の冷えがあらゆる不調の原因となっていることに気づき、「全国冷え症研究所」を1998年に開所。今では、全国に400の分室を持つ。「冷え」の怖さ、対処法を広めるべく、TVや雑誌などにも多数出演。

shoei.jpg

『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』

(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)

内臓温度を1℃上げれば、免疫力が大幅に上がる! 肩こり、膝痛、がんに腎臓病まで、体の不調は「内臓の冷え」が原因になっているかも?これまでに約6万人の「冷え」を診てきた専門家が考案した3つの対策で、今の体の不調は改善、さらに未来の健康な体まで手に入る、この冬必携の「冷え」対策本。

 

【冷え性には・・・ヒハツ!】最新の冷えとりスパイスはコレ! 現在人気急上昇中!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/H5WC97YNsV4

 

【ダイエット】お腹まわりにお肉がつく人、つなかい人の差は内臓の温度にあった!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/5ZFhfgI3Y1w

※この記事は『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP