「茶がら」を捨てるなんてもったいない! 茶がらを活用した健康レシピで「肝臓ダイエット」

肝臓に中性脂肪が過剰にたまる肝脂肪。患者数は推定約3000万人で、4人に1人と言われています。そこで肝臓のダイエットを始めてみませんか。栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原 毅(くりはら・たけし)先生に、「緑茶の効能と茶がらを活用したレシピ」について教えてもらいました。

【前回】知っておきたい「肝脂肪にならない食べ方」。ご飯は10%減らして肉と卵はどんどん食べる!?

【最初から読む】血圧も血糖値も下がる肝臓ダイエット。まずは「肝臓の健康度」をチェックしよう!

2201_P018_01.jpg

飲んで&食べて緑茶でやせる

緑茶の効能

酸化を抑えて動脈硬化を防ぐ
茶葉にはカテキンやビタミンCが豊富。これらの働きによりLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の予防に役立ちます。

中性脂肪の合成を防ぐ
血糖値の上昇を抑えて中性脂肪の合成を防ぐには、食前に緑茶を1杯。渋味と苦味が満腹感を呼び起こすので食後の1杯も忘れずに。

血圧の上昇を抑える
緑茶を飲むと活性酸素を除去する酵素が増え、血中で一酸化窒素が増えて血管が広がり、血圧上昇を抑制。リラックス効果もあります。

認知症を予防
カテキンには脳の萎縮や学習・記憶の低下を抑える作用が。うま味成分のテアニンには、ストレスによる脳の老化促進を防ぐ働きも。

血糖値の上昇を防ぐ
緑茶の渋味成分であるカテキンはポリフェノールの一種で、糖質の吸収を抑制したり、食後血糖値の上昇を抑える働きがあります。

《お茶を飲んだ後は》

2201_P018_02_W500.jpg

茶がらにぽん酢や酢をかければ、即席おひたしに。野菜のように食べられます。

捨てたらもったいない

2201_P018_03_W500.jpg

お茶を淹れた後に出る茶がらを再利用します。

ほんのりとしたお茶の苦味がアクセント

「しゃぶしゃぶの茶がらチーズあえ」

2201_P018_04.jpg

1人分353kcal/塩分0.8g

材料(2人分)
豚肉(しゃぶしゃぶ用)...160g
くるみ...4粒
酒...適量
(A)茶がら...大さじ2
(A)オリーブ油...大さじ1と1/2
(A)粉チーズ...大さじ1
(A)にんにくすりおろし...小さじ1/2
塩...少々

作り方
(1)鍋に湯を沸かし、酒を入れる。沸騰したら火を弱め、静かに煮立つ火加減で豚肉を数枚ずつくぐらせる。肉の色が変わったらざるに上げ、繰り返す。くるみは砕いておく。

(2)ボウルに(A)を合わせて(1)をからめ、塩で味をととのえる。

(3)器に盛り、くるみを散らす。

あと一品ほしいときにのせて焼くだけ

「油揚げの茶がらみそピザ」

2201_P019_01.jpg

1人分141kcal/塩分0.8g

材料(2人分)
油揚げ(京揚げ)...1枚
茶がら...大さじ1
みそ...小さじ1
かつお節...大さじ1
溶けるチーズ...25g

作り方
(1)アルミホイルの上に油揚げをのせ、みそを塗る。

(2)茶がらにかつお節を混ぜて(1)の上にのせ、チーズを散らす。

(3)トースターで5分焼き、4等分に切る。

箸が止まらなくなるやみつきサラダ

「茶がらと大根のサラダ」

2201_P019_02.jpg1人分38kcal/塩分0.3g

材料(2人分)
大根...200g
茶がら...大さじ1
塩...ひとつまみ
ごま油...小さじ1
白すりごま...少々

作り方
(1)大根はせん切りにする。ボウルに入れて塩を加えてもみ込み、10分おいて水けを絞る。

(2)(1)に茶がらとごま油を加えて混ぜる。味をみて足りないようであれば塩少々(分量外)で味をととのえる。器に盛り、すりごまをふる。

お茶風味が爽やか常備菜にもぴったり

「茶がらきんぴら」

2201_P019_03.jpg

1人分85kcal/塩分0.7g

材料(2人分)
ごぼう...1/2本(80g)
にんじん...1/6本(40g)
茶がら...大さじ1~1と1/2
ごま油...大さじ1/2
酒...大さじ1と1/2
(A)砂糖...大さじ1/2
(A)しょうゆ...大さじ1/2

作り方
(1)ごぼう、にんじんはせん切りにする。

(2)フライパンにごま油を熱し、(1)を炒める。全体に油が回ったら酒を加えて炒める。

(3)全体に火が通ったら茶がら、(A)を加えて炒め合わせる。お好みで赤とうがらしを入れてもいい。

ご飯や豆腐にのせてお酒のつまみにも〇

「茶がらの佃煮」

2201_P019_04.jpg

1人分13kcal/塩分0.4g

材料(作りやすい分量・約4人分)
茶がら...大さじ4
ちりめんじゃこ...大さじ1
しょうゆ...大さじ1/2
みりん...大さじ1/2

作り方
鍋に材料全てを入れ、汁けがなくなるまで弱めの中火で加熱する。

取材・文/オフィス・エム(寳田真由美) イラスト/佐藤香苗 レシピ制作・監修・栄養計算/成澤文子 撮影/米山典子 スタイリング/片野坂圭子

 

<教えてくれた人>

栗原クリニック東京・日本橋院長
栗原 毅(くりはら・たけし)先生
北里大学医学部卒業。消化器内科医、日本肝臓学会専門医。東京女子医科大学教授、慶應義塾大学教授などを経て2008年より現職。著書に『図解ですぐわかる 自力でみるみる改善!脂肪肝』(河出書房新社)他。

 

管理栄養士・料理研究家
成澤文子(なりさわ・あやこ)さん

家庭で作れる本格レシピが人気。メディア・企業に向けたレシピ提案から食育指導、特定保健指導など健康支援でも活躍中。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

manaita.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。 洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

 

この記事は『毎日が発見』2022年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP