洗うそばから忘れちゃう!?エンドレス入浴介助/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と、リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。  

今回のお話は、お義母さんとおばさんがともに要介護1だった頃の、我が家の入浴状況です。

前回のエピソード:「お願い、もっとゴシゴシやって」初めて姑妹の清拭をした時のこと

15-1.jpg
15-2.jpg


両膝に人工関節が入っているおばさんは、 髪を洗ったり身体を洗ったりは自分でできましたが、湯船に入ると、足が浮いてしまい自力では立ち上がれませんでした。

無理に立ち上がろうとするとひっくり返って溺れてしまうため、介助がないととても危険でした。

要介護1の認定を受けて、最初に利用したのが特定介護用品の購入でした。

保険を利用すると1割負担で購入ができました。

15-3.jpg

使い方は、入浴補助ボードを浴槽に乗せて腰掛ける。

15-4.jpg

身体の向きを変えて浴槽に入ったら、手すりに捕まって立ち上がってもらう。その間にボードをはずし、浴槽の中に椅子を設置する。

15-5.jpg
15-6.jpg

私が抱き上げていた頃と比べると、立ち上がりも簡単で 入浴介助も楽になりましたが、体を拭いたり着替えを手伝ったり、全てが終わる頃はさすがに私もクタクタでした。

 

その後、ケアマネさんの提案でデイケアで入浴サービスを受けることになったのですが...

15-7.jpg

私は天を仰ぎました。

その半年後に、おばさんさんが入院し自立歩行が困難になるまで、自宅での入浴介助は続きました。

退院し要介護3になってからは、週2回の訪問ヘルパーさんの入浴介助と室内に専用の浴槽を設置する訪問入浴サービスを受けることになりました。  

一方、同じ要介護1のお義母さんは、着替えも浴槽に入るのも自力でできたので付き添いは楽でした。しかし、認知症のためか、身体を洗ったり、髪を洗ったりすることができませんでした。

15-8.jpg
15-9.jpg
15-10.jpg
15-11.jpg

お義母さんの場合、洗っても洗っても忘れちゃうので、わりとエンドレス(泣)

しかし、お義母さんが納得するまで洗うことにしていました。

もちろん面倒臭いのですが、認知症の人を相手に 「洗った!」「洗ってない!」で喧嘩するのは不毛で、お義母さんがただただ混乱し、認知症も悪化するように感じました。

そんな経験からも、時間が許す限り、私は叱ったり怒ったりしないよう心がけました。

認知症のケアは本当に根気が必要で、この辺りは子育てにも似ているところがあると思いました。

そしていよいよ次回は初めてのヘルパーさんの登場です。 他人に入浴を手伝ってもらうことへの抵抗感も タイプは違えど二人ともあったようです。

次の記事はこちら:ヘルパーさんがやってきた!初めての入浴介助は大満足

関連記事:デイサービスでお風呂に入って欲しい!いよいよ着手した義母の体臭問題。その結果は.../山田あしゅら

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

PAGE TOP