「工期」と「納期」って違うの?自宅リフォームするなら知っておきたい「工程表の見方」

家にいる時間が長くなって、老後のことも考えると頭に浮かんでくる「自宅のリフォーム」。とはいえ、いったい何から始めればいいのか...となかなか手を付けられませんよね。そこで、6万件以上の実績を持つリフォーム会社社長の著書『住宅リフォームを考えたら必ず読む本』(二宮生憲/あさ出版)から、後悔しないために知っておきたい「リフォームのポイント」をお届けします。

リフォーム12.jpg

工程表を見れば工事のすべてがわかる

リフォーム工事の契約には、「○年○月○日~○年○月○日」というように、必ず工期が示されています。

工期は営業担当者がお客様の都合を確認して決定します。

契約後は現場監督に工事内容を引き継ぎ、現場監督は「工程表」を作ります。

着工の前に必ずお客様の家へお伺いし、「工程表」をお渡しして工事の流れや注意事項などをお話しします。

現地調査をして多少変更することもありますが、この工程表を基に工事を行います。

工程表を見て、お客様には「トイレ工事中はここからここまでトイレが使えなくなります」「キッチンの工事はこの日からですので、この日までに流しの下など、すべて中のモノを出してください」などリフォーム工事の準備をしていただきます。

どのタイミングでどのような工事が行われるのかが「工程表」を見れば一目瞭然です。

一度決定した工期を、リフォーム会社(請負側)の都合で変えることはまずありません。

また、お客様の都合で変更になる場合はありますが、工事開始の数日前にはすべての段取りが完了しています。

よほど特別な事情がない限り変更すべきではありません。

工事は一人の力で行うものではなく、いろいろな人の力で進むものです。

したがって日程が変更になると、最初からすべての段取りを組み直さなければならないため、広範囲に迷惑をかけることになります。

商品の納期が工程表作成の基準になる

工期を決めるポイントの一つとして、現場で使われる商品の納期があります。

ほとんどの場合、システムキッチンやシステムバスはオーダーメイドです。

商品は「今日頼んで明日納品」はまずありません。

たとえばシステムキッチンの場合、それぞれの家に合わせて製作するものなので、納品されるまでに最低2週間以上かかります。

物によっては、納期が一カ月先などという商品もあります。

職人さんの手配は納期がベースになる

リフォーム会社の営業は契約前の打ち合わせ段階で各メーカーの担当者に、いつ発注すればいつ納品になるのかを必ず確認しています。

とくに事情があって急いでいる方の場合、例外的にメーカーに仮発注をして早めに納期を設定してもらう場合もありますが、これはあくまで特殊な例です。

最近は住宅設備メーカーや建材メーカーでは、基本的に営業所の在庫を、できる限り減らしていく傾向にあります。

出荷はすべて工場からが原則になっているので、その分、余計に時間がかかります。

また、工事をしてもらう職人さんの手配は、商品の納期が確定してからになるので、商品の納期がいつになるかがいちばん大切なポイントです。

工程表を見れば一目瞭然

キッチン・洗面所・トイレ改装の場合の工程表。

左側に工事の内容が記入されていて、いつからいつまでがどのような工事かがひと目でわかる。

069-012-131.jpg【最初から読む】プロが教える「自宅リフォーム」のこと

【まとめ読み】『住宅リフォームを考えたら必ず読む本』記事リストはこちら!

069-H1-jyutaku.jpg全6章にわたって、自宅のリフォームをするために確認した方がいい「27個の質問と答え」がまとめられています

 

二宮生憲(にのみや・たかのり)
1947年、愛媛県生まれ。株式会社さくら住宅代表取締役。1969年法政大学法学部卒業。卒業後、ミサワホームに入社。その後、注文住宅の会社を設立。1997年にさくら住宅設立。現在、一般社団法人全国リフォーム合同会議理事長。人を大切にする経営学会副会長・関東支部長。千葉商科大学特命教授。経営姿勢に関する講演多数。本書が初の著作。

069-H1-jyutaku.jpg

『住宅リフォームを考えたら必ず読む本』

(二宮生憲/あさ出版)

会社選びのポイントから、見積り依頼の方法、施工時に注意点など、失敗しないリフォームが体系的に学べる入門書。リフォーム会社の営業担当者に聞くべき内容が、27個の質問でわかりやすくまとめられています。
●株式会社さくら住宅

※この記事は『住宅リフォームを考えたら必ず読む本』(二宮生憲/あさ出版)からの抜粋です。
PAGE TOP