消費増税でポイント還元!そろそろ本気で考えたい「キャッシュレス」支払い

2019年10月より消費税率が8%から10%に引き上げられます。消費税が上がると家計の負担が増えることが予想されるため、利用できる制度をよく知って賢く対策をしていきたいところです。今回は「消費税増税に伴うキャッシュレス支払いへのポイント還元」が受けられるしくみについて、1級ファイナンシャル・プナンニング技能士の風呂内亜矢さん、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんに教えてもらいました。

カード払いなどがポイント還元の対象に

普段の買い物でカード払いをすると、支払い額に応じてポイントが付きます。ポイント数は毎月届くカード利用明細書などで確認できます。

今回、さらに上乗せされてポイントが付くのが、「消費税増税に伴うキャッシュレス支払いへのポイント還元」です。
「この制度は、カードやポイント機能のある電子マネーでの支払いなどが対象です。現金払いには適用されないので注意が必要です」と岩田さん。下記のように、店舗の種類によって上乗せされるポイントの還元率は異なります。

カード払いなどで買い物をすると消費税のポイント還元が受けられる

【ポイント還元の流れ】

 中小店舗やコンビニなどで、商品を購入したり、サービスの提供を受ける。

1909p028_1.jpg 代金をクレジットカードや電子マネーなどで支払う。

1909p028_2.jpg

 後日、カード会社などからポイント還元 を受ける。

1909p028_3.jpg

経済産業省に加盟店登録した店舗で買うとポイント還元が受けられます。2019年7月末現在、登録店舗は全体の1割程度なので、ポイント還元が受けられる店舗かどうかの確認が必要です。

【ポイント還元率】

◆還元なし

大企業(資本金が5,000万円を超え、従業員が50人を超える(サービス業の場合は100人を超える)企業のスーパー、デパート、家電量販店など。

◆2%還元

コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのチェーン店。

◆5%還元

中小店舗の飲食店、小売店、宿泊施設など。

風呂内さんは「8%の軽減税率が適用される『飲食料品』を買った場合も、5%や2%のポイントの上乗せがあるのでお得です」と話します。

消費増税対策も!『年金で心豊かに暮らす!』特集の記事リストはこちら

取材・文/松澤ゆかり  イラスト/イイダミカ

 

<教えてくれたのは>

風呂内亜矢(ふろうち・あや)さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、宅地建物取引士。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。近著は『ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました!』(三笠書房)。

岩田昭男(いわた・あきお)さん

消費生活ジャーナリスト。NPO法人「ICカードとカード教育を考える会」理事長。月刊誌記者を経て、クレジットカードについては30年にわたり取材を続けている第一人者。著書は『キャッシュレス覇権戦争』(NHK出版)など。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

『定年一年生の教科書 定年後も働く!勝ち組アルバイト』

(KADOKAWA)

もうすぐ定年を迎える、定年を迎えたばかりのシニア世代に向けたコミックエッセイ『定年一年生の教科書』シリーズより、シニアのアルバイト事情をまとめた一冊が登場。時間はたっぷりあっても、お金がなければ楽しめない定年後。男性・女性を問わず当たり前となりつつある、シニア世代のアルバイト事情についてを解説します。イマドキのアルバイト事情からタイプ別お仕事カタログまで、使える情報をわかりやすく網羅。読むうちに、勝ち組シニアアルバイターになるためのノウハウがしっかり身につきます。

この記事は『毎日が発見』2019年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP