2つの条件は譲れない!満身創痍、ズタボロな私の「ケアマネ」クエスト!! /別居嫁介護日誌

「妊娠・出産・育児」をすっとばして、いきなり「介護」が始まった! 離れて暮らす高齢の義両親をサポートしている島影真奈美さん。40代にさしかかり、出産するならタイムリミット目前――と思っていた矢先、義父母の認知症が立て続けに発覚します。戸惑いながらも試行錯誤を重ね、いまの生活の中に無理なく介護を組み込むことに成功。笑いと涙の介護エピソードをnoteマガジン『別居嫁介護日誌』からご紹介します。なんとなく親の老いを感じ始めた人は必読!


こんにちは、島影真奈美です。介護認定の申請手続きで、予想もしていなかった"塩対応"に遭遇し、すっかり打ちのめされた前回。途方に暮れながらも、なんとか申請を終え、その場を離脱しました。半べそで向かった先は地域包括支援センターです。暗礁に乗り上げてしまったケアマネジャーさん探し。突破口は見つかるのでしょうか。

pixta_17499067_S.jpg前の記事「「はあ」「できません」そして冷笑!仏頂面職員の超お役所対応に涙が出ちゃう.../別居嫁介護日誌」はこちら。

 

親身になってくれた看護師Cさんに会いたい。助けてほしい。でも、よく考えたらちょうど外出中かもしれない。公休日で出勤していないかもしれない。切羽詰まりすぎて、そんなことにも頭が回らないまま、地域包括支援センターに着いてしまった。

ドアを開け、中に入ると、看護師Cさんは......いた!!!!
「あらぁ、寄ってくださったんですか。ありがとうございます」

駆け寄ってくるCさんを見ただけで、こちらはもう胸がいっぱい。泣ける、泣くな、いや泣く。

「あの......、役所で認定調査の手続きはできたんですけど......、ケアマネさんをどうやって探せばいいか聞いたら、わら半紙1枚をポンと渡されて。もの忘れ外来の先生は『とにかくケアマネが重要だから』って......『役所とか地域包括に相談しなさい』って......。でもあの、さっき窓口で聞いたら『そういうのは対応しない』って言われちゃって......」

我ながら、要領を得ない。でも、Cさんはそんなグダグダな説明にもかかわらず、「あぁ...」と合点がいったような表情をした後、「大変でしたね。驚いたでしょう」と困ったようにほほ笑んだ。

「役所の方がおっしゃった通り、私たち地域包括支援センターも、役所も公的な機関なので、ご紹介はできないルールになっているんです。どこかの施設や事業所に便宜をはかったら不公平になってしまうじゃないか、と......。ただ、ご家族やご本人の相談に乗ることはできますから」

そこまで言うと、Cさんはいたずらをする子どものような顔で、私をのぞきこむ。
「『いいケアマネさんを探してください』と言われて、私たちは『この人がおすすめです』と立場上、言うわけにはいかないんです。でも......ね?」

え? あ、そういうこと? なるほど。皆まで言わせるなってことですね。先生!!!

「あの、例えばなんですけど、『こういう条件に合うケアマネさんを探していて......』とい相談に乗ってもらえたりすることは......?」

Cさんは大きくうなずいた。そして、こんなアドバイスもくれた。

「ケアマネさんとの相性を心配されるご家族の方も多いんですけれど、お願いする前に、相性を見極めるのはとっても難しいんです。例えば、ご家族とは合うけれど、ご本人たちとは合わないというようなこともありますし。

なので、こんな言い方をすると乱暴に聞こえるかもしれませんが、最初は難しく考えずに、お願いしちゃうのも手ですよ。実際にケアマネさんとのやりとりをしてみて、やっぱり合わないとなれば、他の方に交代してもらえばいいだけですから」

いいケアマネに当たるかどうかで、介護の質はずいぶん左右される。こういった話は介護にまつわる書籍やブログにもよく登場するし、医師からも強調された。たしかにその通りで、介護に携わる中で、何度となくそう実感もしてきた。

かといって、ケアマネ選びに慎重になるあまり、介護体制を整えるのが後手に回るのは得策じゃない。「ケアマネとの契約の前に、できれば数名と面談したほうがいい」という助言もよく見かけるけど、看護師Cさんの提案のほうがしっくり来た。

UP第19話別居嫁介護日誌20190521.jpg

 

もの忘れ外来の付き添いに要介護認定の申請、次は調査員の訪問調査への立ち合いと、業務は山積み。仕事の合間にこれらをこなすだけで十分きつい。しかもその間にも、義父母はガスの火をつけっぱなしにし、迷子になり、賞味期限の切れた食材で冷蔵庫をいっぱいにしながら、夜な夜なパンツを盗む"お二階さん"と闘っているのだ。一刻も早く、ケアマネさんに仲間に加わっていただかないと、私のライフがゼロになりそうである。

看護師Cさんとも相談し、設定したケアマネ探しの条件は2つ。
(1)看護師資格があること
(2)認知症対応に慣れていること

ケアマネジャーは公的資格で、受験資格は看護師、保健師、薬剤師、介護福祉士、社会福祉士など特定の国家資格保有者、あるいは介護施設などで相談援助業務に従事している人など多岐に渡る。

義父は高血圧に前立腺肥大、義母は甲状腺に持病があり、服用している薬の種類も多い。今後、さらなる病気が見つかる可能性もあるし、ふたり同時に対応していかなくてはいけない困難さを考えると、できれば医療分野に詳しいケアマネさんにお願いしたかった。

また、「認知症に慣れていること」も外せない条件だと思った。中程度の認知症だと診断が下っている義母ですら、日常会話はかなりしっかりしている。短時間であれば、相手にそうとは悟らせない。なんせ、総合病院のもの忘れ外来を受診し、「認知症ではありません」のお墨付きをもらってきた人たちだ。経験の浅いケアマネさんでは、いいように翻弄される懸念があった。

ただし、「(1)看護師出身であること」という条件については、Cさんから「数が少ないので、もしかしたら見つからないかもしれません」とも言われていた。それならそれで構わないと思った。

条件を両方満たす人が見つかればラッキー。看護師出身のケアマネさんが見つからなくても「認知症に慣れていること」なら該当者は大勢いるはず。ここまでくれば、見つかったのも同然。すっかり気持ちは軽くなり、鼻歌まじりで地域包括支援センターを後にした。

 

●今回のまとめ
・ケアマネジャー選びは重要だが、慎重になりすぎると介護体制をいつまでも整わない
・ケアマネジャーはあとから変更できるので、お願いしてから相性を見極めるのも一案
・ケアマネジャーの「出身資格」に注目するのも、選び方のひとつ

 

【次回予告】第20話は2019年6月8日(土)に配信予定です
「救世主現る!?義父の「もの忘れ外来」に付き添ってくれた義姉だが...ええぇ!?そりゃないよ(涙)」・・・お楽しみに!!

 

次の記事「救世主現る!?義父の「もの忘れ外来」に付き添ってくれた義姉だが...ええぇ!?そりゃないよ(涙)/別居嫁介護日誌(20)」はこちら。

その他の「別居嫁介護日誌」はこちら

 

イラスト/にのみやなつこ

 

 

島影真奈美(しまかげ・まなみ)

フリーのライター・編集として働くかたわら、一念発起し、大学院に進学した数ヵ月後、夫の両親の認知症が同時発覚。なりゆきで介護の采配をふるうことに。義理の関係だからうまくいくこと、モヤモヤすること、次から次へと事件が勃発。どこまで理解しているのか謎ですが「ぜひ書いて!」という義父母、義姉、夫の熱烈応援(!?)に背中を押され、この体験記を書き始めました。朝日新聞「なかまぁる」にて「もめない介護」を連載中。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP