介護の想像以上のキツさにドンヨリ...見かねた夫の「ウルトラC」な提案って?/別居嫁介護日誌

「妊娠・出産・育児」をすっとばして、いきなり「介護」が始まった! 離れて暮らす高齢の義両親をサポートしている島影真奈美さん。40代にさしかかり、出産するならタイムリミット目前――と思っていた矢先、義父母の認知症が立て続けに発覚します。戸惑いながらも試行錯誤を重ね、いまの生活の中に無理なく介護を組み込むことに成功。笑いと涙の介護エピソードをnoteマガジン『別居嫁介護日誌』からご紹介します。なんとなく親の老いを感じ始めた人は必読!


こんにちは、島影真奈美です。要介護認定の代理申請を地域包括支援センターにお願いするつもりが、義父に「その日は都合が悪い」と一蹴された前回。それなりに手際よく片付けてきたつもりだけれど、介護のキーパーソンとして関わらなくてはいけない手続きに次々と直面し、じわじわ追いつめられてきました......!

pixta_30440739_S.jpg前の記事「次々に解決策を提案してくれるなんて! ありがたや~地域包括支援センター/別居嫁介護日誌(16)」はこちら。

介護認定の手続きは一刻も早く済ませたほうがいい。もの忘れ外来のクリニックでも、地域包括支援センターでも、会う人ごとにそうアドバイスされた。要支援・要介護度は「要支援」(1・2)から「要介護」(1・2・3・4・5)の7段階あり、それぞれ介護サービスを利用できる内容や回数、利用する際の自己負担額が異なる。

義父母の場合、「たぶん要介護1だと思うけれど、もしかしたら要支援2になるかもしれない」というのが地域包括支援センターの見立てだった。面談以来、何かと相談にのってくれていた看護師Cさんからは「要支援止まりだと利用できる介護サービスが限定されてしまうので、できれば要介護1がとれるといいですね」と言われていた。

それはぜひとも、要介護1をとりたい。でも、どうやって? 書籍やインターネットで認定調査について書かれた記事を探し、読み漁った。

わかったのは、家族の前ではヨレヨレでしゃべるのもやっと......というおじいさんやおばあさんも、なぜか認定調査員の前ではシャッキリし、見違えるようにしっかりした応対をするということ。認知症があっても例外ではなく、なぜかその日だけ、まったく認知症ではないように振舞うようだ。できないことも堂々と「できます」と答え、その結果、介護度が軽く判定されてしまうケースが少なからずあるという。認定調査員の前で、紳士淑女然としてふるまう義父母の姿が目に浮かぶようだった。

ぜんぜんダメじゃん!

UP第17話島影様介護日誌.jpg

家族としてできることはまず、普段の様子や困りごとを認定調査員にしっかり伝えること。ただし、本人の前で赤裸々に話すのは得策ではない。メモを渡すとか、本人が聞いてないところで話すといった、尊厳を傷つけないための配慮も必要......といったことを実践するにはそもそも、認定調査に立ち会う必要がある。

自宅から夫の実家まで約1時間半という距離は、ものすごく遠いわけではないが、近くもない。短期間に何往復もしていると、どんどん腰が重くなり、気持ちがどんよりしてくる。

介護のキーパーソンに立候補したときに、ある程度大変であることは覚悟していたつもりだったけれど、想像以上にきつい。しかも、まだ義父のもの忘れ外来受診という宿題が終わってない。これでまた一往復するのか。もう全部放り出して逃げ出したい。

日ごとにドンヨリしていく私を見かねたのか、夫からこんな提案があった。

「親父のもの忘れ外来の受診、姉貴に付き添いを頼もうか?」

夫に言われるまで、義姉に頼むという選択肢はまったく考えてなかった。義姉は教師としてフルタイムの仕事をしている。だから、平日の受診付き添いは無理だと思い込んでいたのだ。

「仕事があるのは俺たちだって同じだし、姉貴も有給休暇とかあるでしょ。聞くだけ聞いてみようよ」

おっしゃる通りだった。義父母が今、どういう状態にあるのか。今後、どのようなケアが必要になるのか。医師から直接説明を聞けるという意味でも、このタイミングで受診に付き添ってもらうのは、すごくいいことのように思えた。

夫がLINEで依頼のメッセージを送ると、義姉はふたつ返事で引き受けてくれた。案ずるよりも産むがやすしとはこのことだね。すばらしい。これで少し肩の荷を降ろせるに違いない。きっと多少はラクになるよ。そのときの私たちは能天気に、そう信じていた。

 

●今回のまとめ
・介護のキーパーソンには何かと役割が集中しがち
・「聞くだけ聞いてみる」のスタンスで、他のきょうだいにも協力要請をしてみよう

  

イラスト/にのみやなつこ

その他の「別居嫁介護日誌」はこちら

 

 

島影真奈美(しまかげ・まなみ)

フリーのライター・編集として働くかたわら、一念発起し、大学院に進学した数ヵ月後、夫の両親の認知症が同時発覚。なりゆきで介護の采配をふるうことに。義理の関係だからうまくいくこと、モヤモヤすること、次から次へと事件が勃発。どこまで理解しているのか謎ですが「ぜひ書いて!」という義父母、義姉、夫の熱烈応援(!?)に背中を押され、この体験記を書き始めました。朝日新聞「なかまぁる」にて「もめない介護」を連載中。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP