老後はゆっくり?それとも働く?意外に多い「働き続けたい」の声

年金の受給開始年齢が65歳になり、今や60歳を過ぎても働き続ける人は珍しくありません。しかし"老後も働く"という考え方が当たり前になってきた世の中に、納得のいかない人も。最近では、「お金のために仕方なく働いている人にとっては、夢も希望もない人生だと思う」という投稿に様々な意見が飛び交っているようで...。

181120_hataraki_01.jpg


今まで働いてきた分、老後はゆっくりしたい?

投稿者は「趣味の延長で働いている人、天職に出会えた人はいいですが...」と補足しつつ、「一体何歳まで働かなければならないのか考えると気が重くなる」と嘆いています。同じような不満を抱えている人からは、「もう充分社会に貢献したのに、老後も自分のために生きられないなんて辛すぎる」「絶対に老後まで働きたくないので、早い段階から資金を貯めてます。もしもお金に余裕があるなら、働かなくてもいいのでは?」と共感する声が。

やはり老後は自由に過ごしたいと考える人が多いと思われましたが、意外にも「80代位まで余裕で働けるくらい元気でいたい。80過ぎても働けるような仕事を得ていたいと思ってる」「動ける間は働くつもり。仕事をしていないと不安に襲われて体を壊しそう」「働かずに毎日プラプラしてる方が夢も希望もない気が...」などの意見も少なくありません。

また実際に早期引退した人の姿を見て考え方を改める人も。中には「自分の親はお金には困っていなかったけど60代後半まで働いてた。でも辞めた途端一気に弱って介護生活に... 働くって大事なんだと実感したよ」「高齢の親を見ていると、いくつになっても人との関わりが大切だと痛感します。やっぱり働く方が気持ちがシャキッとしそう」といった声も見られました。


老後も働きたい人の理由とは

世界でもトップクラスの平均寿命を誇る日本。長い老後をどうやって生きていくかは、ほとんどの人が一度は考えたことがあるのではないでしょうか。タクシーの求人サイト「タクQ」に公開された「60歳定年後の仕事 お金に関するアンケート」では、将来的に定年退職を迎える人たちが望む老後の生活が明らかに。

「定年後も仕事をしたいと思いますか?」との質問に対し、したいと答えた人は実に7割近く。その理由としては、"働けるうちは働きたい""社会との繋がりが欲しい"などの意見が多く見られました。しかし「仕事をしたい・したくない」どちらの回答者も、老後の金銭面に不安を抱えているのは同じようです。

以前なら働かずにゆっくり年金生活を送るのが一般的でしたが、少子高齢化や不景気の影響で"当たり前"は大きく変わってきています。数十年という長い老後生活を考えると、現在は「働く・働かない」を選びやすい時代になったのかもしれません。

近い将来定年を迎える人は、周囲にいるシニア世代を参考にしてみてはいかが?

文/藤江由美


関連記事:「100歳まで生きたい人は約1割!?"長生き"についてのリアルな本音」

記事下バナー.jpg

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP