うさぎはヒトと一緒に遊べる? あまり知られていないうさぎの戯れ方/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

【前の記事】今こそ明るい話題を!うさぎのふうたベストショット・コレクション<Vol.5>/ふうたの飼い主

投げたボールをくわえ、元気よく走ってくるワンちゃん。

猫じゃらしを捕まえようと必死に追いかけるネコちゃん。

実際に飼ったことは無くても、多くの方が映像で見たことがある光景だと思います。

では、うさぎがヒトと戯れる時、どういった行動をとるのか!?

『うさぎと遊ぶ』といったワードで検索でもしない限り、映像で見る機会はほとんど無いので、想像しづらいのではないでしょうか。

相棒のふうたに、

「家で飼われてるうさぎならヒトと遊ぶことは可能だよね?」

と聞いてみたところ

001.jpg002.jpg003.jpg

という回答が!

そこで今回は、うさぎと暮らして20年の私が、実際にふうたと行っている遊び方を紹介していきます!

まず、一緒に遊ぶにあたってうさぎは何ができるのか?

004.jpg

我が家のふうたは、

005.jpg

物を持ち上げることが得意なので

006.jpg

目の前におもちゃのチェスを並べてあげると

007.jpg

1個ずつ口に咥えて放り投げます!

中におやつを仕込んでおくと、それはもう夢中でチェスを投げ続けます!!

008.jpg

チェスのような小さな物以外でも、

009.jpg

ホームセンターで売られている小動物用藁ボールや

010.jpg

プラスチックの洗濯バサミでも可能!

どこに放り投げられるか分からないので、私は投げられた物を拾ってふうたの前に戻すという、いわゆる玉拾い的な作業を繰り返します。

ちなみに遊び足りないと

011.jpg

立ち上がってアピールしたり

012.jpg

ボディータッチしてくることも♪

うさぎは鳴き声を出せないので、ワンちゃんネコちゃんとはひと味違うアピールを見せてくれるのも大きな魅力です。

他にもふうたは色々な遊びをしていますので、また別の機会にお届けしますね!

ふうたの飼い主

※小さすぎる物はうさぎが飲み込む恐れがあり危険です。硬すぎるものは歯に悪影響を及ぼす可能性がありますので、遊ぶ際は危険が無いよう十分注意してくださいませ。

【次のエピソード】コケたりすべったり...うさぎもドジを踏む!? 思わず笑ってしまう意外な姿/ふうたの飼い主

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

人間と遜色のない豊かな表情が愛くしいですね。9歳になっても若さの衰えを感じない姿を見ると安 心します。
毎日、ブログを楽しみにしています。 飼い主さんが、ふうたくんが、あきないように遊びを考え、楽しそうに遊んでいる姿を見て、飼い主さんが、いつも、ふうたくんのことを1番に考えているのが伝わってきます。 でも無理しないで、睡眠時間は飼い主さんに、合わせてもらったら良いのになと、たまに思います。 ご自分の身体もご自愛ください。
ああ…。飼い主さん、今夜もふうたさんの魅惑のスマイルとおねだりに勝てず、たっぷり遊んでしまうのですね(^_^;) ふうたさんが早めに満足してくれて、飼い主さんが早めに寝られますように!ふうたさん、お手柔らかにね〜ヽ(=´▽`=)ノ
ちゃんと、自分の意思をアピール出来るって言う事は、飼い主さんと、ふうたさんの間に、信頼関係があってこそですよね!
いつもブログ、インスタ、楽しく拝見しています。飼い主さんはふうちゃんのことをよく理解して、一緒に遊んであげていますよね。うさぎとあそべる!とても素敵です。私は今まで3羽のうさぎと一緒暮らしたことがありますが、それぞれ好みや性格が違いますよね。ある好奇心旺盛な女の子は、私が何かしている時に気付いてないと思うらしく、そっと近づいてきて、わっ!といわんばかりに両方の前足で私の背中をぽんっとたたいて逃げたりしました。
ウサギは懐かしいです。もう35年ぐらい前の小学生時代に、父が連れて来て小屋を作って育てていました。しかし、下は土で穴を掘り何回も脱走していて、何度も近所を探しました。 結局そのウサギは、数ヶ月でまた父が誰かに挙げてしまいました…。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP