大切な家族が認知症になったとき‥その現実を支えるのは一人ではないと伝えたい/ゆるゆらり

介護士をしながら、同居姑のこと、家族のこと、認知症の父の介護のことを綴っておりますゆるゆらりと申します。

前回の記事:緊張マックス!ついにやってきた「介護福祉士国家試験」本番

父は86歳‥かなり進行した認知症です。

平凡ですが、真面目に堅実に生きてきた父と母。

年老いて、安らぎのある生活を求めていた両親に、こんな過酷な現実が用意されていたとは、想像だにできませんでした。

家族が認知症になるということ①.jpg

家族が認知症になると言うこと②.jpg
誰もがなりうる可能性のある認知症。

仕事熱心で亭主関白な父に、頼り切って生きてきた母‥。尊敬して、愛してきた夫が、認知症になってどんどん色々なことができなくなって、伴侶である自分のことさえ忘れ去っていく‥頭では理解できても、感情は抑えられなかったのだと思います。

そして、そんな父を他の人に見せたくない、自分一人で最後まで面倒をみる‥そんな思いもあったのでしょう。

しかし、それでは父も母も共倒れになってしまいます。

近所に住む姉と私が介護サービスの利用を勧め、時間の許す限り二人に寄り添うようにしました。

大切な家族が認知症になったとき‥その現実を支えるのは、決して一人の力でなく、介護サービスであり、何より、たくさんの人々の寄り添う心なのです。

関連記事:色んな思いを溜め込んで爆発!ハハを怒鳴ってしまった/めぐろのY子

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP