大変なこと、嫌なことも多いけれど...介護職にしかない感動の出逢いがある!/ゆるゆらり

専業主婦、二世帯同居からの脱出を図って、五年前からデイサービスのヘルパーになった、ゆるゆらりと申します。

前回の記事:大切な家族が認知症になったとき‥その現実を支えるのは一人ではないと伝えたい


働き始めて三年目、ようやく国家資格である介護福祉士に合格したおかんでしたが‥

介護福祉士になれたけど①.jpg

介護福祉士になれたけど②.jpg

インスタのフォロワー様の介護職の方のお言葉『いいこと、嫌なこと‥どっちかってゆーと嫌なことが多い仕事だけど、他の仕事では絶対に出逢えない感動がこの仕事にはある。それが全ての原動力。』

まさしくそれが全てだと思います。

そして、暗くなりがちな介護を『笑いの力』で明るい方向へ持って行こうとする大きなうねりが、若い方を中心に巻き起こりつつあります。『笑いの持つ力』‥それをいつの機会かに描いていこうと思っています。

ゆるゆらりさんの過去記事はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP