78歳、現役農業ビジネスマン!?呆れながらも父を尊敬/しまえもん

変わり者のだんなと高2の長女、中2の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回記事:知らない土地でガソリン切れ寸前! マイペースだんなの秘策に失笑


11-1.png11-2.png
私の父は今78歳。母が3年ほど前になくなり、今は実家で一人でりんご作りに励んでいます。
りんごは春の剪定作業から、枝拾い、花摘み、摘果、葉摘、玉回し、収穫と一つ一つは単純作業ですが、結構手間がかかります。当然一人でやるのは無理なので収穫までずっと人を雇うことで作業をこなしています。

雇うといっても、一人でお茶の用意をしたりも大変だと思うので、何度も作る面積を減らすように言ったりしたのですが、やめるより、人を雇ってでも続けた方がお金になるとやめようとはしません。

昔、稲を作っていた若い時、自分は田の周りの草を取るのが嫌だと思っていたそうなんですが、近所の年配の方に、「俺は年寄りで外で雇ってもらえないが、田の草取りはできる。だからお前は外で稼いで俺をやとってくれ」と言われたそうなんです。
父は目からウロコで、そうか自分が外で稼いだ方が、田の草取りをするよりずっとお金になる。こういうことは他の人に任せればいいんだ!と悟ったそうです。


そういう考えなので、好きなりんご作りは人を雇ってでも続けたいと考えているようです。

11-3.png11-4.png11-5.png

そして、今抱えている作業だけでも大変だと思うのに、まだまだ増やそうとしています。

それ以外にも家にある山椒の実が売れると思うと、七味の会社に電話して会社見学に行ったり、山椒を親戚の空いている畑に植えて増やそうとしたり。山椒は年寄りでも扱いやすいと目をつけたようです。

とても行動的で、実家に行く度に驚かされます。

11-6.png

父の身近にいる同年代の方はりんごをやめたり、規模を縮小したりしているのに、父はいつも前だけを向いて、常に挑戦しています。
もう歳なんだからと呆れつつ、我が父ながら感心もしています。
自分が同じ年になった時に同じように挑戦しているだろうか?
父にはいつまでもその姿勢でいて欲しいです。

11-7.png

私にできることは、父が少しでも長く好きなことを続けられるように、もう可愛くて可愛くて仕方がない父にとっての元気の源の孫達をできるだけ連れていって、家のことや作業など多少のサポートをすることだと思っています。

11-8.png

関連記事:食べたいものを食べさせて...いちいち、だんながめんどくさい/しまえもん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、今年12才になるくろさんと、6才になるにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP