義母の「癖」にどうしてもイライラ! 言いたいことがあるならはっきり言ってほしい...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:かっちゃん
性別:女
年齢:42
プロフィール:夫の家族と同居する3児の母です。

79.jpg

私は結婚当初から夫の両親と同居をしています。

15年以上も一緒に暮らしていれば、当然いいことばかりではありません。

特に嫁と姑の関係はどこの国でも、どこの家庭でも複雑なものなのかもしれません。

根本的に良好な関係は難しいと思い、適度な距離感を保とうとしていますが、どうしても気に入らないことってありますよね?

私は義母(69歳)のある仕草(癖?)がどうしても気に入らないのです。

それは、気に入らないことがあると露骨に首をかしげること。

それを見ると、また何か気にいらないんだろうな〜、と流したい気持ちの一方で、何が嫌なのか気になってしまいます。

首をかしげながらブツブツ言っていることもありますが、聞こえるか聞こえないかの絶妙な音量で内容は分かりません。

若かったころは、自分に何か落ち度があったのかと気にして、悩んだこともありました。

しかし、何度か理由を聞いたときも納得のいくものは一つもなく、ほとんどの場合は意味不明な回答を言われただけでした。

「69歳のいい大人が子どもじみてる!」と頭にくることもあります。

「何か言いたいことがあるなら、はっきり言ってください」と直談判したこともありました。

しかし、勇気を出してこちらから聞いても、適当にはぐらかされてしまうのです。

その他のことでも2年に一度くらいは衝突し、言い合ったこともあります。

それがきっかけで改善されたこともあれば、うやむやになったことも。

そんなことを繰り返した結果、私が出した結論は「人を変えることはできない。環境を変えたければ、自分が変わるしかない」ということです。

相手は自分の鏡のようなもの。

首をかしげるということは、相手には私を不満に思う何かがあるのです。

自分にとっての正しさは、他人にとっても正しいわけではありません。

このように理性の部分で理解できるようになれたのは、義母と過ごしたおかげと感謝しています。

穏やかに過ごせる日ばかりではありませんが、なるべく無駄なエネルギーを使うことなく、楽しい日々を送れる自分でありたいと今は思っています。

嫁と姑が完全に分かり合い、仲良くするのは難しいもの。

しかし、お互いに傷つけあうことなく、必要であれば協力して支え合えるくらいの、ちょうどよい距離感を大切にしたいものです。

同時に、ついつい感謝の気持ちを忘れてしまいがちなので、「ありがとうございます」だけはいつも口にしようと思います。

関連の体験記:「同居は困る。お金だけ援助して」親子関係が破綻しても「家の名義」にこだわった義両親との決別
関連の体験記:姑に貸しを作らない。家事も育児も手伝ってもらったら「時給」を渡しています/斗比主閲子
関連の体験記:義兄の子ばかり可愛がり我が子は放置!? 義父母の露骨な「えこひいき」にイライラが止まらない!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

根本的に良好な関係は難しい、と端から決めつけているから相手を受け入れることができないんじゃないですか。お姑さんはわざわざ言うほどのことでもないと思ってか気を遣って言わないでいるのかしらないけれど、投稿者さんは原因を知りたくて仕方ない。聞いても解決しないことがほとんどだと分かっているのにいちいち苛々してまで知りたいと思うから大変なんじゃないですか?別に言いたいことなんてない人にハッキリ言って!と迫っても仕方ないですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP