介護保険についての講演会。知ってることばかりだろうと思いきや耳寄り情報が!/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】介護に疲れた私に息抜きさせてよ! 義父母のデイサービス利用日を増やしたい/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

この年我が家は各戸持ち回りの『組長』を仰せつかっていたのですが、お陰で町内の催し物にかり出されることもたびたび。

この時も町内会長さんから「日曜日だで出たってくれんか?」と頼まれシブシブ出席したのですが...。

1.jpg

会場に到着して見まわすと60~70代、年配の参加者がほとんどを占めていました。

講演会のテーマは『介護保険のしくみ』。

なるほど近い将来『当事者』となるテーマだけに皆さん一様に真剣な表情です。

2.jpg

演者は市役所の介護福祉課の職員さん。

初心者にも分かり易く説明してくれるのですが、受講者は初めて聞く言葉にやや戸惑い気味の表情です。

3.jpg

と、そこかしこからコショコショとつぶやき声が聞こえてきました。

どれだけかみ砕いて話をしても介護制度自体がややこしいのですから2時間程度の講演で理解せよというのは難しいかも知れません。

4.jpg

私にとっては今までの復習のような内容でしたが、終盤とても大きな収穫があったのです。

5.jpg

わが家は介護保険の住宅改修助成制度を既に利用してスロープや手すりを付けていました。

6.jpg


大変助かりましたが

8.jpg

義父がまだ血気盛んな時に建てた家は介護を続けるにはそれ以外にも不都合な部分が多く、直したい箇所はいたるところにあります。

介護保険の住宅改修だけではとても足りません。

しかし、この助成制度は介護保険とは別口で、わりば市(私たちが住んでいる市。もちろん仮名です)独自のもの。

世帯1回限りですが、20万円まで補助してもらえるというのです。

9.jpg

そしてこの話を聞いた私の頭に浮かんだのは...

さて、何だったでしょう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP