介護に疲れた私に息抜きさせてよ! 義父母のデイサービス利用日を増やしたい/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】「介護度が低い時の方が大変だった」という介護経験者による言葉の意味/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

義父のデイサービスの利用日を増やすことは、義父に要介護2が出た半年ほど前から既に検討していました。(義母はこの時要介護3)

けれど

1.jpg

思うように話は進まず...。

介護の負担が増えるにつれて少しずつ増やしていった義父母のデイサービス利用でしたが、介護度が上がって利用日数が増えれば利用料も上がります。

わが家の場合、介護費用のほとんどを義父母自身が出しているため、まずは『お伺い』を立てなくてはならないのが辛いところ。

幸いなことに今通っているデイサービスを義父はとても気に入っており、義母もデイサービスならショートステイ利用時のような不調は起きません。

特に義父に関しては『リハビリのためにデイサービス通っている自分』を『誇り』のようにとらえていたところがありました。

2.jpg

だからクリアすべきは『お金』のみ。

かつては通販にハマって浪費の限りを尽くしていた義父も、正気に戻ってからはすっかり財布のヒモが固くなっていたのです。

3.jpg

もともと手堅い性格の上、先行きの不安は歳をとればとるほど募ってくるもののようです。

ここは1番、困った時のケアマネおーさん頼み。

4.jpg

おーさんは速攻で義父母のデイサービスに確認し、水曜日、双方の『空き』を確保した上で義父が家に居る日を見計らい説得に訪れてくれました。

注意しなくてはならないのはデイサービス利用を増やす理由をやみくもに

5.jpg

と、訴えてはダメなこと。

6.jpg

もちろん、私のレスパイト(息抜き)が一番の目的なんですが、これでは義父の気持ちには少しも響きません。

だって彼、ヨメに楽させるためデイサービスに行ってる気はサラサラないんですもの。

そこでおーさんすかさず『援護射撃』を撃ち込みます。

7.jpg

「ボクが受け持ってるご家族でも介護してる側が倒れたり、中には介護疲れで亡くなっちゃった方もいるんですよ。すると太郎さんはともかく、はな子さんを入所させるしかなくなるんじゃないですか? そうなると...」

8.jpg

さすがおーさん、イイとこ突きます(笑)

「お金も有効に使った方がいいとボクは思いますけどね...。」

9.jpg

10.jpg

おーさんのお陰でめでたく義父週4デイサービス利用ミッション大成功となりました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP