みんなのおかげで実現できた! 感慨無量の次男の結婚式/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】義父のショートステイ先から「薬が足りない」と電話が! 次男の結婚式に間に合うか!?/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

結婚式といえば以前、甥っ子の結婚式のことも記事にしました。

【関連記事】ああ、介護未経験だと想像つかないのね...要介護の高齢者2人との「スリリングな日々」/山田あしゅら

この時はまだ

1.jpg

二人で何とか留守番できていましたが...。

2.jpg

あれから1年半が過ぎた今、二人の衰えはかなりのスピードで進んでおり、義父は転倒が心配。

義母は徘徊が心配と『二人でお留守番』は、とてもじゃないけど危なっかしくてさせられません。

ましてや今回は息子の結婚式。

新郎の親が大急ぎで帰るわけにもいきますまい。

出だしから

3.jpg

数々のアクシデントはあったものの二人がショートステイへ行ってくれたからこそ私たちも安心して結婚式に臨むことが出来たのです。

今回、くだんの義弟夫婦も出席してくれましたが

4.jpg

おそらくウラでこんな沢山の苦労があることなど想像もつかないだろうと思います。

結婚式はお天気にも恵まれ大勢のお客さんと共に和気あいあいと進行していきました。

ただ、最近の結婚式場はガーデンスタイルが主流のようで、甥っ子の結婚式同様、移動が実に多いのです。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

私は留袖を着たものですから、慣れない草履に悪戦苦闘。

素敵なお庭を堪能する余裕もなく、石段をヨチヨチ上がったり下りたり。

つくづく

8.jpg

と、思ったものでした。

次男と新婦のさくらちゃんが忙しい仕事の合間に少しずつ準備していった結婚式はとても温かいものでした。

9.jpg

両親への感謝の言葉と共に手渡された次男出生時と同じ重さのテディベア。

10.jpg

私たちも思わずホロリです。

次男の結婚式は感動のうちに無事お開き。

義父母がショートステイを利用してくれたこと、そして世話してくれたショートステイスタッフにも心から感謝の1日となりました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP