義父母が数日間家を空けるなんて何年ぶり!? 2人介護の「見えない足かせ」を痛感/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】次男の結婚式もあと数日! 要介護の義両親のショートステイ、準備はぬかりない?/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

いよいよ義父母揃ってのショートステイ利用、初日の朝を迎えました。

義父が急に心変わりしないか土壇場まで気が気でない私たちでしたが特に問題なく、二人は送迎車に乗り込み、拍子抜けするほどすんなりショートステイへ行ってくれたのでありました。

1.jpg

ひとまずヤレヤレです。

この日は翌日の結婚式に備え、私の留袖一式を結婚式場へ届けたり、家の中を掃除したり。

それなりに忙しい1日となりましたが義父母2人がいないというだけで実にスムーズに事が運びます。

考えてみればここ7~8年、これほど長時間(とは言え3日間)義父母が揃って家を空けることはまず皆無だったのです。

2.jpg

何だか見えない『足かせ』がプツンと切れたよう。

3.jpg

夜は、結婚式前夜の次男と彼女のさくらちゃんを誘い近所のお店で焼肉パーティーをゆったりと楽しみました。

これも義父母がいれば出来ないことです。

義父入浴後の風呂が『大惨事』となるため

4.jpg

毎晩帰宅の遅い長男はまともに入浴出来たためしがありません。

寒い日でもシャワーのみか、近所の入浴施設で済ませることが常態化していました。

この日もいつものように夜遅く帰って来た彼。(土曜日も勤務です)

心置きなく自宅の風呂に入れることに気づくや

5.jpg

と、小躍りする始末です。

そんなこんなで2人の介護の『足かせ』が、家族全員にかけられていたことを改めて感じたショート初日でありました。

さて、翌日は待ちに待った結婚式。

式はお昼前からですが、着付けなどがあるので家を早めに出なくてはなりません。

ここでもいつもなら義父母の世話で大忙しになるところですが

6.jpg

自分たちの支度だけですもの余裕しゃくしゃくです。

ところがそんなさ中

7.jpg

かかってきた電話により状況は一変。

8.jpg

いやぁ~。何だか嫌な予感がするぞぉ...。

9.jpg

「お忙しいところすみません。 実は太郎さまが朝食に飲むクスリが足りないとおっしゃいまして...」

と、困った様子のショートステイスタッフからの電話でした。

10.jpg

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP