義父のショートステイ先から「薬が足りない」と電話が! 次男の結婚式に間に合うか!?/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】義父母が数日間家を空けるなんて何年ぶり!? 2人介護の「見えない足かせ」を痛感/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

電話を掛けてきたショートステイの担当者によると私が作成した薬の一覧表では『夕食後のみ服用』となっていた薬。

それをこの日の朝食後に義父が

1.jpg

と、言い出したというのです。

薬は義父から聞き取りながら

2.jpg

きちんと準備したはず...。

3.jpg

要するに義父の伝え漏れです。

しっかりしているようでところどころ「あれ?」な部分がある義父を信用してしまった私のミスでした。

間違いなく作業を進めるなら おくすり手帳や、薬袋の記載を確認すれば良かったのですが なにぶん、いずれもこういった状態。

4.jpg

これまで義父の薬の管理を本人に丸投げしてきた『ツケ』がこの時とばかりに返って来てしまった...というわけです。

「足りない」と言われた薬は1日目の夕食後、2日目の夕食後の2回分しか持たせておらず 朝飲んでしまうと、この日の夕食後と翌日の朝食後の分がなくなってしまいます。

しかし 私はこの後すぐに結婚式場へ行って着付けをしてもらわなくてはなりませんし 新郎の両親が招待客より遅く到着するわけにもいきませんから 施設まで届けるには時間的に難しいのです。

結婚式が終わってから持って行っても間に合うのでは?と、一瞬思いましたが

5.jpg

一つのことが引っかかると不安が不安を呼んでしまう義父の性格です。

薬が届く間、頭の中は『薬』でイッパイ。

具合まで悪くなる恐れが十分にあります。

結局不足分の薬を

6.jpg

長男に届けてもらうことにしました。

実は義母のショートステイ利用が始まってから半年ほど経ったころ、義母の見舞いがてら義父を施設へ連れて行ったことがあったのです。

7.jpg

その時、たまたま仕事が休みだった長男も付き添っており 施設の場所や、入り方などを彼が心得ていたのは幸いでした。

薬は無事スタッフの元へ届けられ、何とかセーフです。

朝からドタバタのスタートとなった次男の結婚式でしたがお陰で何とか私たちも遅れることなく結婚式場へ向かうことができました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP