「ボロボロのお気に入り」を着続ける義父。きれいな着替えを持たせるには.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに 今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】息子の結婚式の間だけでいいからお願い! 義父母のショートステイ利用大作戦/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

担当者会議を終えた後もやらなければならないことはまだまだ沢山あります。

義母はもう既に1月から試し利用をしているので準備に関しては特に問題ありませんが、義父の分は1からそろえなくてはならないのです。

1.jpg

こだわりが強い義父。

特に肌着は気に入ったものしか着ようとしません。

普段の『お気に入り』は洗濯が頻繁で痛みがひどく他人の目にさらすのが憚られる状態のものばかりだったのです。

デイサービスでは断固としてお風呂に入らない義父なので着替えることがほとんどなかったため

2.jpg

恥ずかしながら、ずっと見ないふりをしてきたツケを一気に突き付けられた格好です。

ショートステイもお風呂はおそらく拒否するでしょうが3日間お世話になるのですから着替えないわけにはいかないでしょ?

同じく普段のパジャマもボロボロだし...。

3.jpg

義父は自分から頼んだ買い物以外、まずお金を出さない人なので 仕方なく、こちらで見繕って購入しました。

肌着やパジャマを揃えると今度はアウターも気になります。

以前の義父はかなりのオシャレさんでした。

洋服は結構沢山持っていたのですが、年を取って管理が行き届かなくなってくるとそれらもクチャクチャ。

なのに、こだわりは健在なのでこれまた『お気に入り』だけを着続けるのです。

その上、着たまんまご飯を食べたりするものですから、

4.jpg

食べこぼしで、より一層クチャクチャ。

どれだけ汚れていようとも義父にとっては『お気に入り』は『お気に入り』。

こちらがいくら言ったところで

5.jpg

他の手持ちの服に着替えようとはしません。

仕方なく『お気に入り』によく似たジャケットを探しだし新調することにしました。

6.jpg

結局その他にもおしりが擦り切れそうになっていたズボンやら義父が好みそうなフリースやらをひとそろい。

気が付けば義父が3日間ショートで使う衣類のほとんどを自腹購入する羽目になってしまいました。

安くない冬物に懐は痛いですがこれも孫の結婚式に出席させられない罪滅ぼしと気分よくショートへ行ってもらうための下心です。

そして、介護施設では下着、上着、靴下などほんの小さな小物まで全ての持ち物に名前を記入しなくてはなりません。

7.jpg

...これが結構大変。

8.jpg

そんなこんなでめでたい準備は着々とすすんでいくのでありました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP