ドケチゆえ...節水命な夫の「体臭」と戦った夏も終わりそうです.../ドケチ夫との日々

アラフィフ主婦ブロガーのマコさんによる連載! 結婚20年、中高生の子ども2人を持つ48歳のマコさんには、とても個性的な60歳の旦那さんが...。複数の収益不動産(アパートなど家賃が入る物件)を持ち、なんと50代でアーリーリタイヤをされた頼もしい旦那さんなのですが、超絶な「節約家」だそう。そんな「ドケチ夫」と暮らす日々をお届けします。

前回の記事:ドケチ夫との地獄のような「オリンピック」の日々.../ドケチ夫との日々

20210828kusai.png

パラリンピックも終わり、気温も下がって、なんだか今年の夏が終わりそうですね。

まだ夫は、テレビに余韻を感じながら、だらだらしています。

さて、スポーツ観戦といえば、ソファに座って仲良くテレビ観戦するのが一般的な夫婦でしょうよ。

しかし私は、ソファで彼の隣に座ってテレビを見るより、テレビを見るのをあきらめるほうを選びます。

嫌いだから...? まあそれもありますね(-_-)

ザッピングがうっとおしい。それもあります。

しかし実は、もっと大きな別の理由があるのです。

それは...。

それは、彼から漂う「体臭」なんです...!

ドケチゆえ節約の結果、体臭がすごい...

今年の夏も暑かったし、どの家も日中は当然エアコンをつけると思うのですが。

いえ、熱中症対策で、むしろエアコンをつけることが奨励されているはずなのですが。

彼はできるだけエアコンを我慢して、暑い中テレビを観戦しています。

キッチンに立つ私がどんなに暑いといってもお構いなし。

私から立ちのぼる殺気にシンクロしたかしないか、彼の体からは汗やらなんやらのにおいが...。

もう駄目なんです。本当に苦しいんです。

これはもう、においのオーラといってもいいかもしれません。

いや違うな...「においの一千万年透明バリア」みたいな...。

彼のその強烈なにおいのそばに寄れずにいます。

異臭の理由は、「毎週金曜日にしかお風呂に入らないこと」...!

それもこれも、シャワーの水の節約のためだそうです。

冬も1週間に1度しか入っていなかった風呂でしたが、その頻度を夏になっても変えません...!

汗臭いし、汗じゃないような香りもしてくるんです。ほんっとうにやめてほしい。

どんなにお風呂に入ってくれと懇願してもダメなんです。絶対に私や子どものいうことを聞かない。

還暦を超えて、ますますその頑固さに気合が入ったような気がしていて、とにかく自分の考えを曲げません。

「体が臭いから、せめて2日に1度は風呂に入ってくれ」って、そんなにおかしな願いでしょうか?

いくらなんでも頑固すぎます。

体臭は日に日に変化していくようです!

ちなみに私の日ごろの研究によると、彼の体臭もだんだんと1週間の間に変化することがわかってきています。

最初はなんとなく塩っぽいにおいなのですが、その後、2日くらいでしょうゆっぽいにおいに変化します。

そしてだんだんと脂のにおいが加わり、餃子のようなにおいに変化し...

最後は彼の半径2mくらいが、まるでにおいのバリアに包まれたように佃煮のような凝縮した芳醇な香りを醸し出し始めます。

...ってぇ~~もうダメです!

この段階に来ると、彼が歩いた廊下もすべてにおいのオーラで包み込まれて...彼の行動の一部始終が「残り香」でわかる状態です。

当たり前ですが「頼むから早くお風呂に入って」という言葉しか出ない段階ですが、それでも彼は我慢してお風呂に入らないわけです。

人が何を言おうと、どんなに嫌な思いをしようと、自分は徹底的にマイペースを貫く。

これがドケチがお金持ちになった理由なのでしょうか。

交際費もケチり友達をつくりませんが、自分の最後の砦である家族の迷惑も顧みません。

自分が決めた週1回の入浴という謎のルールを守り、我が道を行きます。

ほんと、彼のテレビの前から動かない姿を動画で全世界に公開したい!!

できれば、指でこするとにおいが出る付録かなにかをつけて、夫の体臭を全世界に知らしめたいです!

...全世界から注目されれば、きっと1週間に2回はお風呂に入るようになるのでは...(゚∀゚)

彼自身、自分が強烈なにおいを放っていることは自覚があるようなんです。

その証拠に、エアコンつけずに汗まみれになったTシャツとパンツは毎日洗濯に出してきます。

XXLサイズの服を洗う洗濯の水はもったいなくないんでしょうか?

でもって私は加齢臭が気にならなくなる洗剤で洗うのですが、繊維に染み付いた加齢臭は全く消えず、完璧に乾かしても彼の服には生臭いいやなにおいだけが残っています。

また、彼の汗のために、10年前に購入した本革のソファにも被害が出てきました。

...そうです、変色です。もう革の良さなんてありません。

革が溶けたのか擦れたのか、もうなんだかわかりませんが、汗のままソファに座ったために革の表面がなくなり、オフホワイトのソファが座面だけ真っ黒になってしまいました。

当時、彼が気に入り奮発して購入したソファですが、本革にする必要あったんですか。

...って、もしファブリックだったら、それこそ汗の臭いが染みこんで大変なことになっていたんでしょうか?

革が見るも無残な姿に変貌する...それはソファの使い方として不正解だったのではないかと...。

ソファがダメになって、もったいないとは思わないんでしょうか!

おそらく、もったいないかどうかの分岐点は「俺が正しいと思うことが正義」。

彼といると、何が節約で、何が浪費なのかわからなくなってきます。

私はこんなドケチ夫を、恥ずかしくて将来子どもの結婚式に座らせられません...(-_-)

「亭主元気で留守がいい」という名言を残したCMがありましたが、気難しくて自分勝手で、めちゃくちゃ臭い...こんな夫と一緒に過ごす私...。

ここは私の実家なので、いろいろ大変な夫が自分から家を出て行ってくれないことが最大の悲劇。

戦って家から追い出す気力もなく、同居すること自体が、もうスポーツの決勝級の戦いくらい白熱状態です。

どちらが倒れるか...そう、この戦いはサドンデス。

しかし絶対に負けられない戦いです...!

そういえば、今年はなぜか蚊があまり家の中に入ってこなかった我が家です。

ひょっとしたらドケチ夫のにおいが、蚊取り線香の代わりになってたり...しませんよね?

お風呂に入らない効果が蚊よけとなって出ているなら少しは我慢できるか...?

いや、しかしやっぱり、強烈な「においの一千万年透明バリア」には慣れません。

夏なんだから、せめてお風呂には週2回は入ってほしいです。

私はずいぶん譲歩しているほうだと思いますよ全く。

...ああ疲れた。

暑かった夏も去りゆきますが、来年の夏が今から不安でなりません。

【最初から読む】私、セレブ妻になるはずじゃ...60代ドケチ夫が我が家のトイレで行う「驚きの行動」/ドケチ夫との日々(1)

【まとめ読み】ドケチ夫の「驚きの生態」とは...⁉ マコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

マコ

アラフィフ主婦。アラフィフが突き当たる日々の悩みや気づきに、まっすぐに(時には斜めに?)向き合っていくブログ『40s(フォーティーズ)』運営中。年上の「金持ちだけどドケチな夫」の連載が話題に!

日々更新中★マコさんのブログ

フォーティーズ
護や五十肩の治療など、アラフィフ女性が突き当たる日々の悩みや気づきに、まっすぐに(時には斜めに?)向き合った記事を日々配信中!

コメント一覧

最後の砦の家族が離れていかないからだと思います。いや、離れていっても生き方を変えないかも?
マコさんから匿名さんへの返信 | 2021.10.16
匿名さん、コメントありがとうございます。ご返信遅くなりすみません! あ、そうですよね…。結局のところ、家族が許しちゃってるからなんでしょうかね…。 私も去年のことをどんどん忘れてしまうため、最近のことばかりがが印象に残りがちなんですが、夫はなんかどうも近年、「自分ギネス記録」に挑戦しているような頑なさを感じます…。このまま介護が必要になる前に、距離を置きたいなというのが悲願です…!がんばります!コメントありがとうございました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP