私、セレブ妻になるはずじゃ...60代ドケチ夫が我が家のトイレで行う「驚きの行動」/ドケチ夫との日々

アラフィフ主婦ブロガーのマコさんによる新連載がスタート! 結婚20年、中高生の子供2人を持つ48歳のマコさんには、とても個性的な60歳の旦那さんが...。複数の収益不動産(アパートなど家賃が入る物件)を持ち、なんと50代でアーリーリタイヤをされた頼もしい旦那さんなのですが...超絶な「節約家」だそう。そんな「ドケチ夫」と暮らす日々をお届けします。

ドケチ夫サムネイル2 (1).png

はじめまして、マコです。

結婚して早20年のアラフィフ主婦です。

不動産を持つ夫はアーリーリタイヤをして、夢のようなセレブ生活...

と思いきや、恐ろしいほどのドケチ夫との地獄のような日々が始まりました。

ブログ「フォーティーズ 40代・50代女性のお悩みブログ」でも、そんなドケチ夫の話やら美容や介護などについて触れておりますので、ぜひ遊びにいらしてください。

セレブ妻のはずが...

現在、わたし48歳。彼60歳。

わたしの若かりし頃は、「結婚するなら"3高"だ!」といわれた時代でした。

3高=高学歴・高身長・高収入。

私が20年前に選んだ、ひとまわりも年上の夫を当てはめてみましょう!

学歴...私大出の、まあ、高学歴です。

身長...175センチ、まあまあ高身長です。

収入...結婚当時はサラリーマンでしたが、そのころから1棟の収益不動産を持っていました。

ということで、結婚当時はとりあえず「3高」だったのです。

現在、夫の持っている収益不動産は3棟に増え(全部は把握しておりませんが、軽く総資産8億円くらいでしょうか)、不動産収入が十分ということで、数年前に早期退職いたしました。

通常だったら60歳、65歳まで働くところでしょうが、彼には、不動産入居者からの家賃収入があるんです。

いわゆる「アーリー・リタイヤ」。

仕事をせず、不労所得で暮らす「夢の生活」...。

キャー!

これって、はたから見れば、結構なお金持ち状態ですよね!

ということは、私は押しも押されぬセレブ妻!

の、はずなんですが...。

現在の私は、高級な服を身にまとうわけでもなく、エステに通うわけでもなく。

自宅でお料理教室を開催するわけでもなく、憧れだった、エルメスのバーキンを持つわけでもなく...。

1着1500円ほどのワンピースをユニクロで買い、お化粧もほぼせず。

最寄りの安売りスーパーで、100g38円の大特売の鶏むね肉に飛びつく女のままなのですよ。

結婚後に夫からプレゼントされたものは...10年前にもらった「レンガ色のカーディガン」1枚だけ。

それも、毛玉ができたため、2年で捨てました。

20年間で彼からのプレゼントはそれだけ。

本当に、たったそれだけ、です。

なんでかって?

...それは、私の夫は正真正銘の『ドケチ』だったからなのです。

彼の人生にとっては、お金が一番。お金だけが一番なのです。

ドケチ夫、爆誕!

結婚して一緒に住むようになったころのこと。

結婚前は、デートで食事をごちそうしてもらっていた私は、ちょっと新婚生活に期待もあったんです。

ところが...

彼は開口一番、こう言い放ちました。

ええ、いまでも覚えていますとも。

「今はかがむとき。これから3年たったら、ジャンプアップするから」

かがむ...って、いまは節約生活ってことだよね。

そうか!( *´艸`) 3年か!

3年たったら、かがんだ分、今より贅沢な暮らしが待っているんだ!

...私はその言葉を信じて、ひたすらかがんでました。

あれが欲しい、これが欲しいとは言わない。

おしゃれなレストランや高級焼肉に行きたいなんて言わない。

当時は、私もとりあえずOLはしていたのですが、たまーに一緒に行く外食は定食屋か回転ずし。

「今日はお前が払ってくれる?」と言われれば、いいですよとお給料から支払って。

誕生日? さくっと何もなく過ぎました。

結婚記念日? 別にふつうの日です。

クリスマス? 上に同じく。

あれ?

気づくと、花束のプレゼントも素敵なホテルディナーも、何もないまま「4年」がたっていました。

「かがむのは3年間じゃなかったっけ?」

そう聞いた彼の答えは...

「記憶にございません」

...政治家かよ。

そして彼はこうも言いましたよ。

「もう少しかがまないと、高くジャンプアップできないから、もう少し耐えよう」

馬鹿正直な私は、なぜかそこで、さらにかがみ続けたのです。

そうして20年たって、彼は確かに資産家になりました。

でも私は...毎月月末には通帳にほぼお金がなくなる、単なる「へそくりなし主婦」に。

なにせ、家の中で財布を握っているのは夫。

その月の最低限の家のお金をいれてもらうのみで云々。

そうです、5年前から仕事もやめ、主婦となった私は今でもかがみ続けていますよ...ひとりで!

家庭内の富のアンバランスたるや...ないわー。

そして、更年期症状に悩み、50肩に苦しみ、家事に介護にと、日々雑事に駆け回る私の前で、この資産家の夫はと言うと...

会社に行くこともなく。

家事を手伝うこともなく。

そして、くだらないことでケチケチしているんです。

そんな彼との生活を、凝縮したようなエピソードを一つ、披露させてください。

我が家のトイレの恐怖...

ちょっと...ごはん中の方は、ぜひ少し時間を空けて読んでください。

なにしろ、それは夫がトイレで「大」をしたあとに起こる出来事。

それが...我が家の「恐怖」の一つとなっているんです...。

彼は、「大」をした後、トイレ掃除をします。

それだけ聞くと、良い夫かもしれません。

ところが、掃除に使うものは...「自分のお尻を拭いたトイレットペーパー」なんです!

ドケチ1トイレの床を拭く (1).png

使用済みのそれを、くるっと巻いて白いところを出し、つばをペッペッとつけて、便座に座りながらトイレの床を掃除するんです。

「トイレットペーパーを1度使うだけで捨てるのはもったいない」

使用済みペーパーに、つばをつけるって...ダブルでありえないでしょう!

掃除をしてる?

む し ろ 汚 ね え わ !!

私が何度も、何度も何度も何度も文句を言ってもスルー。

彼はやめません。

今でも、です。

仕方なく、彼が出た後、私がいつもさっと再度トイレ洗剤で床を拭くことになるのです。

手間もかかるし、コストもかかりますわ!

トイレで大をしてすっきりした彼は、というと。

「手は洗ったよ?」と言いながら、爪のにおいをくんくんかぐのです...。

...ねぇ。爪に何か詰まってるわけ?

なんかいい香りでもするわけ?

答えは聞きたくもないけど。

もっとしっかり、指まで手を石鹸で洗ってもらえませんでしょうか!

さらに、郵便物も...

手紙についても、言いたいことがあります。

彼は一日中、在宅生活ですので、手紙がとても楽しみのようで。

日に何度も、ポストを覗きに行きます。

当然、手紙類は、彼が一番先に手にしますわね。

夫宛のものは、よしとしましょう。

問題は、私にきたダイレクトメール。

彼は、コスメや洋服のものなどは「無駄遣い防止」のために、私の目に留まる前に勝手に捨てるんです。

さらに、私のクレジットカードの明細もさっさと開けます。

ムダ使いしていないかの確認のためです。

(もう現在は手紙で送ってもらうのをやめ、ネットで明細を確認するように変更しました)

セロファンに入っているDMが届いたら、彼の本領発揮です。

中のチラシ部分を捨てたかと思うと、封筒に残っている「糊」の部分で、ペタペタと床のほこり掃除を始めます。

さらにドケチなのは、銀行の口座番号を隠すための「目隠しシール」を、机にペタペタと貼って「とっておく」こと。

その「保存されたシール」の粘着部分で、気が向いたときにほこりを掃除するんです。

「人の手紙勝手に見たり捨てたりするのやめて!」

「粘着テープのためにゴミを取っておくのやめて!」

不満を口にする私に、彼は驚くべきことを言うのです。

ちくわ200万個分の恨み

夫の言い分はこうです。

「お前ももうちょっと節約しろよ。くだらないものばかり買って。俺を見ろよ。なんか贅沢してるように見えるか?」

し  て  ん  だ  よ  !!!

あんたの買っているものはな、不動産とか金(ゴールド)とか、すっげえ高いものばっか。

資産価値はあるかもしれんが、損する場合もあるわけだ。

それを贅沢と言うんじゃ!

この前、不動産屋に問い合わせていた2億円の中古物件。

そのお金で、あんたが私に「賞味期限切らしやがって!」と怒ったちくわが、いくつ買えるか知ってる?

200万個!!200万個だよ!!

......ハァ。

一事が万事、日々こんな感じで進む我が家。

まさかセレブ妻となっているはずが、こんな人生になるとはねぇ。

私の心の中に閉じ込めて閉じ込めて、墓場まで持っていこうかと思っていた、ドロドロのどす黒い、思いのすべてを...

ゆっくり、じっくりと、これからお話していけたらと思っております。

次回は、日常で普通に使うはずの「電気」の我が家のドケチルールをお話します。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

マコ

アラフィフ主婦。アラフィフが突き当たる日々の悩みや気づきに、まっすぐに(時には斜めに?)向き合っていくブログ『40s(フォーティーズ)』運営中。年上の「金持ちだけどドケチな夫」の連載が話題に!

日々更新中★マコさんのブログ

フォーティーズ
護や五十肩の治療など、アラフィフ女性が突き当たる日々の悩みや気づきに、まっすぐに(時には斜めに?)向き合った記事を日々配信中!

コメント一覧

幸にして12歳も年上だし、とりあえず自分の体にだけは気を付けて残されるのを待つしかない。相手がケチるのをみてその分私のモノになるとか考えて乗り切ってください、、  お金は羨ましいけどおぞましい、、あなたにとって我慢できるだけの、上回る魅力があるんだろうなぁ
マコさんから匿名さんへの返信 | 2020.11.07
匿名さん、はじめまして、マコです。私の記事を読んでくださりありがとうございます! ガマンできるだけの…というほど私も達観できてもおらず、離婚したいといつも思っているのですが…、今住んでいるのが私の実家で、彼が出て行ってくれないと、私が逃げ出すこともできないため、仕方なくここにいます。 遺産が入ればうれしいですけど、そこまで自分の心が持つかもわからず…しかし今回、こうして私の体験を発表(?)できる場をいただいたので、書くことでストレスを発散できたら!と思っています。 隔週のおつきあいになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
だから別れてこれ書いてますならわかるけど、そんなんでも別れないんだから別に…
マコさんからまぁさんへの返信 | 2020.11.07
まぁさん、はじめまして、マコです。私の記事を読んでくださりありがとうございます! そうなんですよね、別れていないんですよね(笑)。だけど、好きってわけでもないんです。別れたいとも思っているのですが、なかなか別れられずに、こっそりこちらで記事を書かせていただいております。 リタイヤしてから、お給料がなくなったためにどんどんケチに拍車がかかっており、困っているのですが、今回こうして書く場をいただいたので、ネタを提供してくれている貴重な存在として、暴露していこうと思っております。 隔週での登場でお見苦しいかもしれませんが…どうぞよろしくお願いいたします。
お金持ちの人って、ケチというか、無駄遣いしない人が多いと感じてはいましたが、本当にこういう方もいらっしゃるんですね…。マコさんは48歳ですか。これまでため込まれたものをお話しされるということですが、まだまだこれから長い時間を旦那さまと過ごされると思いますので、無理をせず頑張ってくださいませ。
ちくわさん、はじめまして、マコです。私の記事を読んでくださりありがとうございます! そうなんです。お金持ちというと、お金配りの人やら、シンガポール移住やらと、いろいろいらっしゃると思いますが…うちの夫はそれとはケタが違うからかもしれませんが、とにかくケチです。特にリタイヤしてからドケチに拍車がかかっていて私はいやになってますが、逆に言えば!ケチを極めればお金持ちになれるのかも! 我が家は家庭内でも格差社会なので、私から見た研究対象としての夫ということで、これから記事を書いていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
もう読んでいて笑いしかないです。同じ歳の女性として「これから(も)、精神的に大変でしょう!」としか言えない。トイレの掃除は狂気沙汰ですよ。私なら早々に別居です。よくぞご一緒にまた暮らしていられるな。尊敬します。
カラカラさん、はじめまして、マコです。私の記事を読んでくださってありがとうございます! 私も48歳になり、どんどん忘れっぽくなってきているので、なんとかやれている部分もありますが… ほんとは嫌です!!し、別居婚したい!!…けれどできずにいる今、リアルタイムなケチの観察報告をこちらでしていきたいと思います。 本当は私だって、こんな報告、したくないんですよ!!! けれどさせていただきます…。 隔週のおつきあいになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
私の兄がそっくりな早期リタイアしたドケチ男だけど 彼の奥さんは年収7百万の敏腕管理職 買いたい物は車でもなんでも自分名義で買ってます マコさんもやめたお仕事復帰されたらストレスなく消費できますよ!
マコさんからエナさんへの返信 | 2020.11.07
エナさん、コメントありがとうございます。マコです。記事をお読みいただきありがとうございます。 お兄さまとその奥様…理想的ですね(笑)!私も、できるだけ日中顔を合わせないように働いてはいたのですが、コロナであえなく契約終了に…。以降、なかなか仕事も決まりません。敏腕管理職じゃなく、単なる主婦としてキャリアを積んでしまったからですよね~(苦笑)。 お財布は彼が握っており、生活費以外、ボーナスやご褒美などもないので、なんとかどこかで稼ぎたいところ!面接で落ち続けても気持ちがなえるので、頑張れる範囲でいろいろ挑戦しています。 あ~!ストレスなく消費できて、日中も外にいて仕事をバリバリなんて理想的~!!  私もいつかそうなれるかな?うーんもう遅いのかな? またコメントくださいね。これからどうぞよろしくお願いいたします。
まぁさん、はじめまして、マコです。私の記事を読んでくださりありがとうございます! そうなんですよね、別れていないんですよね(笑)。だけど、好きってわけでもないんです。別れたいとも思っているのですが、なかなか別れられずに、こっそりこちらで記事を書かせていただいております。 リタイヤしてから、お給料がなくなったためにどんどんケチに拍車がかかっており、困っているのですが、今回こうして書く場をいただいたので、ネタを提供してくれている貴重な存在として、暴露していこうと思っております。 隔週での登場でお見苦しいかもしれませんが…どうぞよろしくお願いいたします。
みなさま、はじめまして。記事を書きましたマコです。これからどうぞよろしくお願いいたします。 私の選んだ人… 突っ込みどころも満載で、誰に離しても「それは無理」なエピソードばかり…で、心を病みかけたことも何度もあります。 が!稀有な体験をリアルタイムでしている私だからこそ、言えることもきっとある!と思って、今回、このような記事を書かせていただくことになりました。 私の家庭の恥部だということはわかっているのですが、こうして夫に隠れてこっそり暴露することで、少し私の心もすっきりするか…しないかな(笑)? みなさまには、ひとつのネタとして楽しんでいただけたら幸いです。 隔週、お見苦しいところをお見せすることになりますが、よろしければまたお読みくださいね。 これからどうぞよろしくお願いいたします。
え、お金ある旦那さんとか、羨ましいです。優しくてお金もあるなんて、なかなかいないですよ。人間、なにかしらみんな、悩みはあるものですよね。お互い未来は明るいと信じてがんばりましょう
サンダルさん、はじめまして!コメントありがとうございます♪マコです。 お優しい言葉にほっこりし、とってもありがたくなりました。結婚してずいぶん経ち、いつも離婚のことは考えているし今もなのですが、だんだん自分自身が忘れっぽくなったこと。また、疲れやすいので、いろんなことを頑張れないことで、今は日々を適当に送っているのかもしれません(笑) 幸せな夫婦生活は憧れでしたが、現実は違いました…が、友達にも恵まれ、いやなことをあまり見ないようにしながら頑張って生きています。 サンダルさんもどうぞ無理なさらず、でも先には何かいいことがあると思って頑張っていきましょうね♪ どうもありがとうございました。
マコさんこんにちは(^^)読んでて腹が立ったのと気持ち悪くてムカムカしてきました。私は2才上の元旦那の加齢臭と口臭とモラハラで耐えられず離婚しました。余り慰謝料取れなかったですがマコさんは頑張って今から財産少しでもとれる様に調べたり頑張ってください。でもよくそんな汚い老人と一緒に行きて行けるのか不思議です。私は人より潔癖症なのでお金より生理的人に無理で精神的に病みそうです。早く離婚してまだ若いんだから第二の人生楽しく生きて行って欲しいです。ちなみに私は50才で2人の子持ちで17才年下(高学歴、高年収、高身長、イケメン)と再婚しました!
美魔女っこメグ54才さん、お読みいただき、またコメントをいただきありがとうございます♪マコです。 私の記事で、イライラさせてしまって申し訳ないです( ;∀;)  私も、一人になりたい気持ちはいっぱいなのですが、更年期で疲れてしまって、今、新たなアクションを起こすための気力がない状態です。財産、少しでも取れるようにしたいのですが…!気持ちだけ空回りしているかもしれません(笑) 汚い老人てw確かにそうなのですが、きっと私が潔癖じゃなくて基本が適当なのと、忘れっぽいんでしょうね。。。このあたりは自分の問題だったりしますね。メグさんの新しい旦那様、すごいな~!きっとメグさんが魅力的な方なのでしょうね( *´艸`) 私はもう、夫と別れたら、男性と一緒に暮らすのはいいです…。ひとりだけの時間を謳歌したいなって思っています。いつになるかわからないですが… コメントありがとうございました!
確かにケチで無ければお金は貯まらないでしょうね。 御主人様は貯まったお金をどう遣われるご予定かな? お互い歳を重ねると頑固に拍車が掛かりますから、話し合いも難しいでしょうか。 家族の為に貯金してくれていると信じて、気持ちを他へ逸らせましょう。 それにしても、文章のテンポが良いですね。書いて発散すると言う方法もあるのですね。読ませて頂き私も少し気が晴れました!
ナンシーさん、お読みいただき、コメントまでありがとうございます! 夫は「目くるめく生活がすぐそこに」と今日も申しておりましたが、10年以上前から聞いている私には眉唾で…期待するとショックを受けるので、信じる心もなくしてしまいました。「気持ちを他へそらす」、ほんとそれですね! 「文章のテンポがよい」と言っていただき、とっても嬉しいです!お目汚しの部分も多い話になってしまいますが、ぜひこれからもよろしくお願いいたします♪
うちの婿もドケチです。びっくりする事ばかりです。結婚生活12年。よく離婚せずにおれるなあと思ってます。トイレ掃除こそしませんが、ペーパーは使う分だけ切っておいてあるようです。自分の分でなく娘用に。まだまだびっくりする事はいっぱいあります。それを娘は笑いながら私に話します。私はあきれるばかりです。 マコさんも旦那さんをネタにして発散しましょう。応援しますね。離婚するのも大変ですよ。昨年息子が離婚したから。
まっちゃんさん、コメントいただきながら、気づかずに大変失礼いたしました!コメントありがとうございます^^ 娘さんが笑いながらドケチご主人のことをお母様に話すって、器が大きすぎて、自分が恥ずかしくなってしまいました… トイレの紙を娘さん用に切るって、トイレの紙の長さを夫に決められるの辛いな…(笑)うちは、トイレの外から、カラカラとトイレットペーパーが回る音に聞き耳を立て、いちいち注意されます… 離婚大変ですよね。実感しております…。これからもどうぞよろしくお願いいたします!
はじめまして。楽しく読ませていただきました。 仕事でお年寄りや障害のあるかたの介護をさせていただいていますが、日々お金とは違う価値観が色々あると感じています。 書くことで発散されていらしたり、友達に恵まれていらっしゃるとのこと。生き甲斐ってお金だとは限らないですよね。 これからの投稿、楽しみにしています。
ヘルパーはるきさん、はじめまして!コメントありがとうございます^^ いろいろな方のお世話をされるお仕事とのこと。大変なお仕事と思います。頭が下がります…! いろんな価値観、いろんな金銭感覚がありますよね…しかも、働かなくなると、今あるものに執着し、ケチ度もさらに濃さが増すような気がしております…(-_-) でも、こうして私の投稿を読んでくださる方がいて、コメントいただけて嬉しいです!^^これからもどうぞよろしくお願いいたします。 コロナ禍で大変なお仕事と思います。ご自愛くださいませ!
うちの父もドケチで不動産や株が大好き。 自分以外の人間に使う金がとにかく惜しいようです。 結局、母とは別居婚になりました。他人と暮らすのは無理なタイプ。 ドケチなので勉強もせず、安い株を買いまくったりして、家2軒分はすっているらしく、持っているアパートは変な住人ばかりで、先日は麻薬栽培で捕まった人、右翼、家賃滞納、夜逃げなどなど…。 これでもか!とトラブルを背負い込むタイプで、周りが疲弊しきっています。
マコさんからともさんへの返信 | 2021.01.27
ともさん、コメントありがとうございます!ご返信遅れて申し訳ありませんでした。 そうなんです、そうなんです!!まさにうちの夫だ~!「自分以外の人間に使う金がとにかく惜しい」は、本当にそうです。 お母さま、別居婚なさっているんですね…まさに!!!それも私の悲願ですっ!!  うちの夫は、ドケチですが勉強はしていて(無料のYouTubeやニュースや、証券会社の無料の資料みたいなもの)、それでもうまくいっていないようです。 お父様のアパートの住人さん、破壊力満載の方々ですね…!すごすぎます!!家賃滞納の店子さんはうちもありますが、夫は裁判に持ち込んでいますよ。しかも夫は弁護士なしで、自分だけで法廷に立ったり、家裁に行くようです、弁護士費用がもったいないからw お子さんの立場からもヤレヤレですよね…お察しします。どうかともさん、嫌なものはできるだけ見ない、触れないで、健康にお過ごしくださいね!コメントありがとうございました♡
マコさんは、エライです‼︎ ドケチ夫さんが、周りを顧みることなくドケチ人生を歩めるのは、マコさんのご実家暮らしという基盤があるからですよ! ドケチ夫さんが、「トイレ掃除」と言いながら行なう「はた迷惑なトイレバイ菌塗布作業」も、ご自分のトイレ掃除時間にして、清潔なトイレへ回復させていらっしゃる。[トイレ掃除すると幸運につながる]などと言わますから、マコさんにはきっと良いことがあると心の底から思いました。私48歳で、更年期の年頃のせいか、気力が枯れた日々ですので、マコさんが別居か離婚へのアクションが起こせないお話もよ〜くわかります。 無気力な私を打破するために、トイレ掃除だけでもしよう…と思ってもなかなか思うようにいかない私です。 マコさんへのコメントを読むと、お父さんがドケチで店子に恵まれず、収支はプラスなのか?みたいなお話があったりして、家庭内で訳あり問題を抱えるのは私の家だけではないんだなあ。と励まされました。ありがとうございました
深蒸し緑茶好きさん、コメントありがとうございます!マコです!ご返信遅くなって申し訳ありませんでした。 同年代の方からの「どこの家も家庭内で訳アリなんだなぁ…」の感想、すごくうれしいです! と申しますのも…自分の家にいると、むなしくなることも多くて、ああ神様ってホントにいるのかな?って思ったりするのですが、同じ空の下、たくさんの同年代さんたちが頑張っているんだなあ、と実感できると、私も勇気が湧いてきます♡ ミドル世代女子って、上の親世代のことも、下の世代の子供のことも、そしてどーにもならない夫のことも背負って、なんだか疲れる世代だなあ…って今更ながら思うのです。 決してできた妻でも、できた嫁でもできた娘でもできた母でもない私なのですが…こうしてみなさんとお話できると本当にうれしく、これからもゆるゆると生き延びながら、発信を続けたいなと思いました。 私こそコメントに勇気づけられましたよ。本当にありがとうございました!お互い無理せずがんばっていきましょう( *´艸`)
はじめまして〜もうびっくりしました‼️ご主人 あんまりですよね エネルギーのかけどころが違うというか お金は持って死ねないよね つかうためにある そんな生活 子供さんにもよくない 家族が心の病気になってしまう 何事にもバランスが大事かと ご主人もそんなになるには どんな生い立ちなんでしょうね 子供さんの将来が心配 ご主人は残り時間が少ないですから もう変わらないでしょ 浪費も困るけどケチもね 人間は全てにバランスが必要 お疲れ様です ご自愛下さい
グリママさん コメントありがとうございます。コメントに気づかずお返事遅くなり申し訳ありませんでした。 そうなんですよね…心の病気、それは問題ではあるのです。 何事もバランスが必要、それもその通りだと思います! 夫もこんなになるまでには、いろいろ苦労はしたのだと思いますが、あまり多くを語りません。 ただ、ひどくなったのは仕事を辞めてからでした。理性で抑えていた部分がなくなると人間は本性だらけになるのでしょうか?よくわからないんですけど…。 もう私もあまり頑張れない年代ではあるので、なんとか逃げ道を探している毎日です。
はじめまして。 私の元夫も似たようなケチモラハラ夫でした。生活費を渡してくれますが、それ以外は自分のお金。 足りない分は私のパートで賄っていました。 一昨年、47歳で23年の結婚生活にピリオドをうち、社会人と大学生の子供二人と猫二匹を連れて家を出ました。 今私はとても幸せなので、我慢して好きでもない人と暮らしている人が居たら、頑張って離婚した方が幸せになれますよ、って言ってあげたいです…
たぬぽよんさん、コメントありがとうございます! 気が付かず、ご返信遅くなり申し訳ありませんでした。 幸せになられたんですね、うらやましい! 私もそれを目指してはいるのですが、今の家が私の実家で、なかなか追い出すことができずにいるんです。 彼の家なら実家に逃げかえることもできるんですが、実家なので…それが彼の策略だったのかもしれません。なかなか離婚できずに今に至ります。 息子さんと猫との暮らし!うらやましいな~本当に(^^♪ 私も猫が飼いたいのですが、これ以上お世話する命を増やせないため、猫動画などをみて癒されています♪ 暑苦しいエピソードばかりですが、またいらしてくださいね!
はじめまして、マコさんと変わらない年齢の主婦です。 夫は少し年上でアーリーリタイヤ組、プチ資産家です。 しかし、マコさんの御主人と違うところはぜんぜんケチではありません。他人にはケチですが。私の一目惚れでしたので容姿は凄くタイプ、小金持ちということは後々に知りました。 毎週、生活費とは別にお小遣いくれるし割と夫は私に昔から甘々です。かと言って贅沢はあまりしません お金持ちでも、ケチでブスでデブで不潔な旦那さん…なんですよね?凄い言いようですみません(笑) 現実にこんな男性と暮らす想像しただけで鳥肌ものです。 どれだけお金持ちでも不衛生すぎるし、あらゆる面でセコくて怖すぎます。 奥さん大事にしないで最悪〜 何が1番大事なのかわかってないから最悪な人生の終わり方しそう…デブらしいから糖尿病で合併症とかetc… 墓場までお金を持って行きたいのでしょうね、年寄りになるとあまり意味をなさないのに、ないよりゃマシだけど
幸も不幸も選択次第さん コメントありがとうございます!気づかず申し訳ありませんでした。 耳が痛いコメントをありがとうございます(*ノωノ) そうですよね~まったくもって、うちのはひどい夫です。幸も不幸も選択次第さんの旦那様はすべてを持っていらっしゃるようでうらやましいです! もちろん、選択が間違ったからこんなことになっているとは私自身自覚はしているのです。 また、別れないのも子どものせいじゃないんですよ。私が戦う気力がないこと、今住んでいる私の実家で母の介護も始まり、新たな行動を起こす気力がありません。 どこの家にも家庭内にはいろんな問題があると思いますし…私の選択は失敗だったとは思うけれど、それもこれもひとつの家のネタとして楽しんでいただければ本望です。 こんな内容を書かないに越したことはありませんが、こんな夫でなければ、ここでエピソードを披露することはなかったでしょう。夫にとっては汚点でしょうが、私はドケチ夫の生きざまを記録しているのだと考えるようにしています。 あとは子どもたちの心を守らないと!ですよね。それは心がけています。 お目汚しの内容で失礼いたしました。
選択司代さんへ。選択しても、人生は、思い通りになりません。まこさんに、失礼じゃないですか?軽く自慢してますよね。
耳障りの良いコメントばかり期待してましたか? マコさんの愚痴っぽい性格が私の母親に似ててイラッときて少し皮肉めいてしまったもしれません 自分でこの人と我慢してでも添い遂げると決めたのはご自身なのに旦那の愚痴、悪口満載なところ、よく似てます きれいごと抜きにして言わせてもらえば、今更離婚なんて年齢からして手遅れでしょう 別れればいいのに、なんて無責任な事は言えませんけど 歳とってからの離婚は体力気力が足りないでしょうし、お子さんに迷惑かかるのでおすすめしません 似たような愚痴、母から聞かされますが別れない理由を子どものせいにすることのないように、戦わずして幸せなんて向こうからやってきませんから
はるさんさん、コメントありがとうございます。遅くなって申し訳ありません。 私を思いやってくださり、お優しくてジーンときました。 私は大丈夫です!本音を言うと、子どものこと、夫のこと、母の介護のことで頭がいっぱいで、人をうらやむ余裕がないのが実情です…! もちろんすべてそろっている方は本当にうらやましいのですが…。でも、夫がこんなじゃなければ、ここでこうしてはるさんさんにコメントをいただくことも、お返しすることもありませんでした。 他人から見たら不幸ではあるかもしれないけれど、ネタとしてはきっとアリ!(しかし悲しいことに全部ネタではなく真実なのですが…苦笑) 人の不幸は蜜の味、というなら、蜜を味わってもらえたら私は本望です。 私が生きて、こうして文章を書いている意味も、夫が変な人なのも、すべてまるっとここに記していきたいと思いますので、どうぞまたいらしてくださいね。 愚痴のようなネタにイラっとしたらごめんなさい(;^_^A  このたびはお読みくださり&コメントしてくださり、本当にありがとうございました!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP