介護の現場から。ポジティブに生きるかネガティブに生きるかは自分次第/ゆらりゆうら

訪問介護の現場で出会う、様々なシーンを漫画にしております、介護福祉士のゆらりゆうらです。

前回の記事:弱ってきても「誰かから必要とされたい」。姑のモチベーションをあげるものは...

高齢になると、認知症や身体の不調で、生き生きと自分らしく生きることが難しくなりがちですが‥

ポジティブな認知症1.jpgポジティブな認知症2.jpgポジティブな気持ちになるか、ネガティブな気持ちになるかは、自分次第。

できれば、ポジティブで明るい高齢者になりたいものだと...姑とこの方を比べて、思うのです。

最初から読む:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

【まとめ読み】アラフィフで介護職へ!ゆらりゆうらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆらりゆうら


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

ゆらりゆうらさんのブログ

「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」

ゆらりゆうら,アラフィフ,独立,同居 ゆらりゆうら,アラフィフ,仕事,介護

コメント一覧

世の中いろんな人を介護している人がいるけど、介護する人される人の関係性で、ちょっとずつ介護の仕方、考え方を変えなくちゃいけないのかなあ。因みに私は実の弟の介護してます。
父親は認知症 母はエソ+去年熱中症になり 足悪く買物もで歩くのもやっとです。私は再婚し子供はおりませんがてんかんもち。 弟夫婦の子供は障害者 弟も心臓の病です。 私が体調良いときには実家に行きますが、主人があまりいい顔せず 両親が心配してます。 私は子供が居ない為今出来る事をと思いますが

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP