流行よりも品質! アラフィフになってリサイクルショップを有効利用できるようになった私

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:私は46歳、ひとつ年下の夫と、10代の娘の3人暮らし。うさぎを3匹飼っています。

8.jpg

私は46歳、1歳年下の夫と、10代の娘の3人暮らしです。

若い頃はファッションにお金をかけていました。

大学生の頃はアルバイト代のほとんどはファッションやコスメ関連に散財し、就職してからも、ブランド品のバッグなどをいくつも購入していました。

衣類も、シーズンごとに新しく出る商品をブランドの直営店やデパート内の店舗に通っては探し、購入していたものです。

今では、あんな高価な衣類やバッグを自分に買っていたなんて...と、自分でもちょっと信じられないほどです。

しかし、出産と子育てを経験すると、誰しも価値観が変わると言いますよね。

私の場合は歳を重ねるにつれて、身に付けるものに対する買い物の仕方が変わってきたと感じています。

最近購入する品物は、品質がよくてシンプルなデザイン、しかも長く使えるものを選ぶようになりました。

以前のように、シーズンごとに新しい商品をどんどん購入することが減ったのです。

流行は、アクセサリーやメイクでポイントを押さえて取り入れるようになりました。

以前はリサイクル品の購入には抵抗があったのですが、最近初めてリサイクルショップを利用してみたのです。

リサイクル品というと、なんとなく古くて汚れているようなイメージを持っていましたが、最近では非常にきれいな状態で販売しているリサイクルショップが増えましたね。

友人から評判を聞いて利用したリサイクルショップは、言われなければ、リサイクル品を扱う店舗だとは分からないほどきれいでおしゃれな内装でした。

扱っている品物も、良い状態のものが多く、新品と変わらない印象で、正直、驚いてしまいました。

中古品になんとなく抵抗があった私でも、問題なく購入できました。

しかも、好きなブランドの気に入っていたデザインのシリーズの商品も発見。

すでに正規店では販売終了した商品だったので、購入できてよかったです。

高級ブランドの前シーズンの未使用品なども安く販売されていたので、次回はそんな商品を中心にチェックしてみたいと思っています。

現在40代半ばの私は、まだまだ終活には早い年齢です。

それでも持ち物をだんだんと減らしていきたいと、なんとなく考え始めている今日この頃。

新品にこだわらず、気に入った品質の良いものだけを手元に置いて生活していけたら良いなと思っているところです。

関連の体験記:思わずニンマリ。「夫への贈り物のお酒」をリサイクルショップで査定してもらったら...⁉
関連の体験記:我が家に軽トラで不要品を持ち込む義両親。「使ってる?」と聞かれた子供が「禁断のひと言」を...
関連の体験記:「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

分かります分かります。。 最近は、バーゲンでも高く感じて。。(というより、服にお金をかける余裕もない。。) この前は、パンツが110円(アメリカカジュアルブランド)デニムワンピース330円でゲット! ポイントは、試着を必ずすることと。商品タグの確認ですね(洗濯回数が多いと、印字が薄くなってる) まだまだ、お洒落を楽しみたいですよね。一緒に頑張りましょう♪

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP