野菜の茎や皮だってご馳走! 我が家のかわいいうさぎたちは食品ロス回避の頼もしいパートナー

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:私は46歳、ひとつ年下の夫と、10代の娘の3人暮らし。うさぎを3匹飼っています。

5.jpg

私は46歳、1歳年下の夫と、10代の娘の3人暮らしです。

我が家では、うさぎを3匹飼っています。

もう8年以上飼っている先住うさぎと、昨年新しく家族の仲間入りをした2匹の若いうさぎです。

うさぎの飼い主は娘です。

動物好きの娘は、うさぎたちを溺愛しています。

ぬいぐるみのように愛らしいうさぎ3匹とたわむれる娘もまた、とってもかわいいです。

しかし実は、動物の毛にアレルギーがある私にとって、うさぎを飼うのは体質的にあまり向いていません。

うさぎの毛は細いので、吸い込んでしまうと危険なのです。

しかし、「かわいい」は最強。

アレルギー症状が出ないよう気をつけたり、毎日の掃除が大変だったりしても、そんなことはささいなことと思えてしまうのです。

小さい頃から人に慣れて生活している我が家のうさぎは人懐っこく、まるでネコのよう。

すり寄って、よしよししてとせがんでくる様子はもうたまりません。

うさぎは鳴かない動物とされていますが、うれしいときや怒ったときには、声を出してアピールすることもあり、うさぎが感じていることがよく分かります。

そんなうさぎにあげるご飯は、一般的に干し草とペレットが中心ですが、我が家のうさぎは、果物や野菜も大好きです。

動物を飼育していると、エサ代がかさむと思われがちですが、我が家の場合はそうでもありません。

野菜や果物の皮やタネのまわりの部分など、人間が調理に使用しない部分を、うさぎが美味しく食べてくれるからです。

うさぎを飼う以前には、野菜の皮はダシをとるのに使っていたこともあります。

しかし、共働きの我が家では、いつも時間に余裕があるわけでないため、ダシをとる時間がない日は、もったいないと思いながらも捨てることもありました。

しかし、うさぎを飼っている今は、そんな心配や手間は不要です。

うさぎが食べてくれるからです。

もちろん、うさぎにも野菜や果物の好き嫌いはありますし、うさぎに与えるべできはない野菜もあります。

今までに与えたことがない果物や野菜を与える前には、与えても問題ないかどうかなどを書籍やネットでしっかりと確認しています。

家庭菜園で育てた野菜の葉や茎も食べてくれるのでゴミも減るし、食品ロスもなくなるのでとても助かっています。

最近では家庭菜園で育てる植物を考える際に、「うさぎたちが美味しく食べられる葉や茎の植物か」どうかも、野菜の品種選びのポイントのひとつになってきました。

ヒトもうさぎも、みんなで楽しめる家庭菜園もいいものですよ。

関連の体験記:ペットも喜び断捨離もできた! 古着を「ちょちょい」と加工してできる節約ペットグッズ
関連の体験記:実はうさぎは感情豊か! うれしい時にする意外と知られていない行動とは?/ふうたの飼い主
関連の体験記:結婚に反対した長女が泣いている...。次女の彼氏との顔合わせで見えた「父子家庭で育った姉妹の絆」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP