「残ったほうの脚を大事にしたい」自由気ままに生きてきた母の変化/中道あん

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」。

今回はお母様が入所する施設より、食生活の改善を指導されたという連絡を受けた中道さん。さぞかし落ち込むか反発するかと思っていたのですが...

前回の記事:「これは消費? それとも浪費?」振り返りで見える、お金の使い癖

pixta_59364035_S.jpg

母が入所する施設から電話がありました。

糖尿病の度合いを測るA1Cの数値が悪く、医師から食生活の改善を指導されたという連絡でした。

老人ホームでは規則がほとんどなく、入所したころは外出自由。

スーパーなどで買い食いしてもいいし、お酒やたばこだって自由です。

その自由さがたたって、糖尿病の恐ろしい合併症のひとつ、足の親指が壊疽しました。

壊疽すれば広範囲に取り除かねばならず、結局は膝下から切断、車いす生活に。

そこでやっと、食生活を改めて、酒・たばこ・買い食いの習慣は強制終了。

その後の楽しみは、施設内の自動販売機で飲み物を買うこと。

これが、またまた事件に。

水分のとりすぎで水中毒になりました。

意識障害を起こして、てんかん発作や脳梗塞の疑いで、救急搬送されること数回。

原因が水分の取りすぎであることが推測され、わずかばかりのお小遣いも強制終了。

差し入れしている500mlペットボトルのお茶も、毎日決められた本数しか飲めないことに。

そのおかげで、みるみる健康になっていきました。

生活の楽しみにと、面会の度にホームでは食べられないお寿司や、毎朝の納豆とヨーグルト、ハムなどの一品を差し入れしていました。

医師はそれらを中止して欲しいとのこと。

とはいえ、厳しすぎるのも余生を考えると酷なことなので、最少限にして欲しいと。

フルーツどっさりのヨーグルトは小さな無糖のヨーグルトを1週間に1個だけ、納豆以外の「おかず」の差し入れは禁止、お寿司の差し入れ時は、ホームの食事と差し替える、などのルールが決まりました。

もし、自分が母の立場だったら「嫌だな~。悲しいな~」と思うので、さぞかし落ち込むか反発するかと思ったら、すんなり受け入れた様子。

理由を聞いてみると、「万が一もう片方の足まで壊疽したら、動けなくなる。今は片方の足で不便ながらも車いすで施設内も動けるし、からだをコントールもできる。だから残ったほうの脚を大事にしたい」というのです。

それを聞いて「随分変わったな」と思いました。

母が元気だったころ、傍からみていると十分に満たされているのに、いつも「ないもの」に目がいっていて、「もっと〇〇して欲しい」「もっとお金があれば」「どうして思い通りにならないんだ」とイライラと不安が入り混じり、精神的に不安定でした。

それがお酒やたばこなどの不摂生な生活に傾いていったのです。

でもそれは、「ある」からこそ、「ない」ものに目がいっていたのではないかと思うのです。

今の生活のように、お金も自由も奪われてしまうと、まず「もっとお金があれば」って思わないんです。

だって使う場所がないから。

お金があれば将来の不安は消えると思っていた母は、お金の管理を娘に預けたことで不安から解消されました。

お金を手放して、安心を手にいれたのです。

そして、自由気ままにしていた頃は、自分の身体をないがしろにしていました。

喘息で入院しているのに、病院を抜け出しコンビニでタバコを買って喫煙したり。

そんな母が、残った足を大事しようとする。

人は「ない」からこそ「ある」ものに目がいくのです。

母には筆舌に尽くしがたい、思い出すのも嫌なほどの目に合わされましたが、人生の教科書のようだなと思う今日この頃です。

【まとめ読み】50代のこれから、そして悩み...中道あんさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん

「女性の生き方ブログ!50代を 丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため、正社員として働きだしました。社会人の長男、大学生の長女と同居しています。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしております。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP